そうめんの賞味期限っていつまでもつの?

夏になると、どこかしらそうめんをもらうことって多くなりますよね?
気が付けば今夏で食べきれないくらい家にあったり。
そこで気になるのがそうめんの賞味期限です。
そうめんは乾麺といっても、
食品なので当然賞味期限は存在します。

木の箱に入ったようなよく乾かされたそうめんの場合ですと、
製造日より2年間が賞味期限になっています。
箱などに入っているもの
は、1年ほど。
半生麺のものは、2~3か月ほどになります。
というように、そうめんの種類や入れ物、
メーカーなどによって賞味期限は異なってきます。

そうめんのブランド揖保の糸は、
スーパーなどで販売されているものは、
賞味期限が2年間ほどです。
ですが、揖保の糸公式サイトを見てみると、
賞味期限が3年6か月となっており、
なぜか表記が異なっています。
これは、実際のところはわかりませんが、
保存方法の違いによるものなのかもしれません。
※例えば、くらから一度も出していないなどの違い

どちらにしても、半生タイプのもの以外は、
1年以上は持ちますので、
急いで食べる必要はなさそうです。

スポンサーリンク

賞味期限が切れたらどうなるの?

そうめんは賞味期限が切れると、どうなるかというと
保存方法を間違っていなければ
見た目も味もあまり変わりません。
ですが、湿ったところにずっと置いていたり
直射日光が当たるところにおいておくと、
黄色くなったり、カビが生えたり、虫が来たりします。

賞味期限内であっても、このようになることがありますので、
保存方法には気をつけましょう。

においのあるところで保存しておくと、
そのにおいが付くこともありますので、
においのきついものと一緒に
保存しないようにしましょう。

長く置くことによって、油臭が発生しやすくなりますので、
できれば早めに食べるほうが美味しくいただけます。
少々の油臭程度なら食べても問題はありませんが、
においがひどいようならやめておく方が無難です。

そうめんの保存方法は?

そうめんの保存方法は、風通しの良い冷暗所です。
高温多湿が避けれますので、
そうめんの変色やカビや虫などを
防ぐことができます。

風通しの良い冷暗所がないような場合は、
冷蔵庫での保管も良いかと思います。

その場合は、においの入ってこないパックに
入れて保存すると良いでしょう。

長く保存するときは、時々そうめんを
空気に触れさせてあげるのも良いでしょう。
そうめんの状態の確認にもなりますので、おすすめです。

そうめんは長く保存すると美味しくなるって本当?

そうめんを長く保存すると美味しくなるのは本当です。
ですが、
家で保存してるだけで美味しくなるということではありません。
特殊な倉庫で保管して寝かせて、
初めて美味しいそうめんになるのです。

なので、家で保存していても、美味しくはなりません。
ただし、家で長く保存することによりそうめんが劣化して
湯がいても水分を吸収が少ないなどの原因で、
そうめんが硬くなります。
この硬さが歯ごたえのようになり、
美味しく感じるという方はいます。

まとめ

  • そうめんの賞味期限は、おおよそ1~2年はもつ
  • 保存方法は、風通しの良い冷暗所
  • においのあるものと一緒に保存しない
  • 賞味期限がすぎても、保存が良ければ対して違いはない
  • そうめんを寝かせても美味しくはならないが好みにもよる

ということです。
市販で販売されているそうめんには、
たいてい防腐剤が入っています。

賞味期限内や賞味期限が少々過ぎようとも、
よほどのことがない限り食べれなくなるということは
ありませんので、そうめんの安売りをしていた場合は、
来年の分まで買う気持ちで、
まとめ買いするのも良いかなと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA