便所コオロギ対策!駆除方法とは?

7~9月下旬に、便所の隅などに
くっついてるバッタのような虫『便所コオロギ』
正式名称は、『カマドウマ』と言い、別名として
オカマコオロギと呼ばれることもあります。
便所コオロギ
実は便所コオロギは、小害虫やその死骸を捕食するという
ちょっとした益虫で、便所コオロギ自体は
特に悪さをするといったことはなく
ただそこにいるだけなんですが、
その見た目と、およそ20~30mmという大きさから
不快害虫となっています。

スポンサーリンク

便所コオロギが好む場所

便所コオロギが好む場所は、身を隠せる
閉じられた場所や狭い場所、そして湿度の高い場所
好むため、木の間や洞穴、時にトイレなどの
家の中に出没するのです。
彼らは、夜行性で夜にエサを求めて
歩き回るため、出現率は夜の方が高くなっています。

対策方法は?

対策方法はいくつか考えられます。
一つひつと見ていくと、自分にあっているものが
見つかるかもしれません。

 リフォームする
トイレや水回りをしっかりとリフォームすることによって、
家の中に入ってくるということはかなり減らせます。
しかし、この方法だと大きなお金がかかってしまいます。
便所コオロギが侵入してきているであろう箇所を
見つけ出し、その穴や隙間をふさぐと良いかもしれません。

 駆除する
毎年便所コオロギと闘っていかないと
いけない方法ですが、出てくるたびに
駆除するという方法があります。
駆除方法は、出る個所にゴキブリホイホイを
設置するか、ハエ取り紙を設置する、
電気殺虫器を吊るすという設置型
ホウサンダンゴも有効かと思われます。

アースジェットやゴキジェットのような殺虫剤を
使用する噴霧型。が考えられます。
また、便所コオロギは湿っぽいところを好むので、
床下にいる可能性があります。
そういったところにバルサンを焚くのも
効果的であるかと思います。

 天敵の配置
便所コオロギにも天敵はいます。
それは、クモやゲジゲジ、ヤモリやトカゲです。
これらが家にいると便所コオロギが減ります。
ちなみに、これらの天敵は人間に害をなしません。
便所コオロギもですが!!

 共存する
便所コオロギは人間に害をなしませんので、
慣れてしまうことが対策になります。
慣れてしまえば、怖くないし気にならなくなります。

慣れるためには、虫かごなどに入れて
実際に飼ってみるといいかもしれません。
虫かご
便所コオロギは雑食性で、
人間の食べる物なら大方なんでも
食べるそうなので、エサには困らないと
思いますが、好みとしては、やや肉食傾向が
あるため、生き死にに関わらず虫をあげると
良いかと思います。
環境面では、下に土を敷いてあげて、
常に湿らせておくと良いです。
便所コオロギが隠れられるスペースが
あればもっと良いかと思います。
飼う際は日の当たらない所で飼ってあげて下さい。

我慢する、見て見ぬふりをすることによって、
その年を切り抜けるという方法もあります。
彼らは寒くなるといつの間にか出てこなくなるので、
3か月程度の我慢が必要です。

まとめ

いくつか対策を述べてきましたが、
一番解決しそうなのは、
駆除やリフォームなのかもしれません。
元々虫嫌いな方は慣れることはおそらく不可能ですし、
別の虫で対策するのも現実的ではありません。

見るだけでたしかに不快な感じになりますが、
唯一人間に害がないということは、
幸いなのかもしれませんね。

でも見た目がね・・・あれなんですよね・・・

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA