熱中症対策にポカリスエット!高齢者は注意が必要

熱中症対策にポカリスエットが脚光を浴びています。
別名として『飲む点滴』とも言われています。
その理由としては、ポカリスエットはミネラルやブドウ糖などの
必要な栄養が含まれていますし、塩分も含まれていますので、
吸収が早いということがあげられます。
熱中症対策としても、非常に効果的なのですが、
高齢者の方は少々注意が必要です。
スポーツドリンク

高齢者がポカリスエットを飲む際の注意点

たしかに、必要な栄養や水分補給として
優秀なポカリスエットではありますが、
飲んでみると、結構甘いですよね?
実は、500ml中にポカリスエット6.7%の場合
33.5gの糖分が含まれています。
なので、ポカリスエットをがばがばと飲んでいると、
糖尿病になる恐れがあります。
元々糖尿病を患っている方だと、
大変なことになることがわかります。
これは何も高齢者に限ったことではありませんが、
高齢者に糖尿病患者が多いことから
高齢者をあげてみましたが、生活習慣病の方や
その気がある方は要注意です。
こういった方は、飲めば飲むほど
熱中症脱水症は防ぐことができますが、
病気が悪化するという場合があります。
とはいえ、全く飲まなくて熱中症になるのは
問題ですが。。

スポンサーリンク

糖分を気を付けてポカリスエットを飲むには?

ようはがばがば飲まなければ良いのです。
1日に必要な水分は一般の方で食事以外で
2000ml必要と言われています。
これを全てポカリスエットで摂取するとなると
大変なことになりますが、
一部をポカリスエットとした場合は、特に問題は
ありません。

このようなポカリスエットの飲み方もあります。
ポカリスエットをさらに水で薄めて飲むという方法です。
こうすることによって、糖分の摂取が抑えられるだけでなく、
水分摂取にもつながります。
薄めるくらいだったら、水を飲めばいいんじゃないか?
と思われる方もいるかもしれませんが、
ポカリスエットは飲む点滴と言われているように、
人間にとって、必要な成分がたくさん含まれていますので、
薄めたからといって、成分量は減るにしても、
必要な成分は摂取できます。
実際、高齢者に摂取してもらうときに、
水で薄めたポカリスエットを提供している
施設などもありますので、糖尿などが気になる場合は、
試してみてください。

糖尿病の方が水分摂取を行う場合

糖尿病の方は、糖分やカロリーに制限があるため、
ポカリスエットをがばがば飲むわけにはいきません。
ポカリスエットの糖分を排除したような飲み物が
販売されています。
OS1(オーエスワン)というドリンクです。

楽天でOS1一覧をみてみる

OS1は、大塚製薬から販売されているもので、
糖分を大幅にカットしたものとなります。
なので、飲んだ感じは『汗』を飲んでいるような
甘みがなくしょっぱいという感じの飲み物になります。
一般のスポーツドリンクと比べ、値段は高いですが、
糖尿病を気にされている方の、水分補給として
おすすめです。
ただ、さほど美味しい物ではありません。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA