猫じゃらしで猫をじゃらす方法はこれだ!!

猫じゃらしとその名の通り、猫をじゃらすという意味のある
雑草です。正式名称は『エノコログサ』というのですが、
猫をじゃらして遊んだことが由来で、現在も猫じゃらしの方が
馴染みが深いですよね?
そうです。猫は猫じゃらしで遊ぶのです。
ねこじゃらし

猫じゃらしで猫と遊ぶ方法

猫の前に猫じゃらしを置いても知らんぷりすることが多いです。
中には、遊びだす猫もいますが、
多くの場合は飼い主が遊んでやる必要があります。
猫には狩りをする本能が備わっています。
なので、ターゲットは動いているものとなります。
猫じゃらしの動かし方は、生きた獲物に見せることが
大切になってきます。

スポンサーリンク

小動物風の動き

小動物のような動きを見せると猫はその気になります。
動かし方は、小刻みに猫じゃらしを動かしながら
地面を這わせます。時折止めて、また動かします。
これで猫はドーンと興奮状態に!!
さらに喜ばせるには、動かす時に音が鳴るように
紙などの上で動かすと良いでしょう。

飛ぶ昆虫のような動き

猫は飛んでいる昆虫や小さな鳥などが大好きです。
ですので、猫じゃらしも似たような動きにしてあげると
猫は、くいつきます。
動かし方は、猫パンチが出せるくらいの高さで
ゆらゆらと小刻みに揺らします。
時折地面において、再び飛ぶような動きも
喜びます。また、猫が届かないような高さで
この動きをすると、目をランランと輝かせた猫は
ジャンプしてきます。

物陰に隠れる小動物

猫じゃらしをふすまなどから少し出した状態で
やはり小刻みに動かしてあげると、
すぐに目をまん丸くして、その身を低くして
狙いを定めてきます。
すかさず、猫じゃらしをスッと隠して
再び少し出してやるとさらに目をまん丸くします。
こうなったら、もうこっちのものですね。
猫じゃらしを適当に動かしても
トリコになっているので、じゃれてきます。

猫の喜ぶ動きは、

  • 小刻みに動かす
  • たての動き
  • 横の動き
  • ちょっとだけ出して動かす
  • ピタッと止めて再び動かす

これらを組み合わせることで、
猫の興奮度は高まっていきますし、
猫と気持ちが一体化できるかと思います。

猫と遊んであげる事には意味がある

猫と遊ぶと、もちろん飼い主も猫がかわいいし
嬉しいのですが、猫にとって非常に重要な意味があります。
それは、狩りをする本能を満たしてあげることです。
仮の本能を満たすことで、猫のストレスは発散されます。
ストレスが溜まってくると、落ち着かなくなったり
トイレを失敗したり、鳴き声が増えたりといったような症状があらわれます。
一応ストレスが溜まっているときの症状を紹介すると、

  • グルーミングの時間が長くなる
  • 便秘がちになる。もしくは下痢になる
  • ご飯を食べなくなる
  • 鳴き声が多くなる
  • 鳴き声が少なくなる
  • よく噛んでくる。あるいは物を噛む
  • よく毛が抜けるようになる
  • 落ち着かない
  • トイレの失敗

一例ですが、これらの症状があらわれることがあります。
ですので、ストレスが溜まっているなと思ったら、
猫じゃらしのようなおもちゃで遊んであげてください。
一緒に生活する中で非常な大切なことですので。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA