カラオケでビブラートをかけるコツ!自宅練習方法とは?

カラオケには採点機能が付いており、
しゃくり、こぶし、ビブラート、フォール、抑揚
などいくつも採点基準があります。
その中でビブラートのコツを紹介したいと思います。
まずビブラートというのは、声の音の高さを細かく上下に
震わせることを言います。
これを行うことによって、音に広がりが出て
より上手に聴こえます。
ビブラート

ビブラートのコツ

よく質問掲示板などでビブラートを出す方法として、
書かれているのは、腹式呼吸をマスターすると
出せるようになるとか、横隔膜を揺らしてとか
書かれていたりしますが、これではやり方自体わからない方が
多いと思います。腹式呼吸からのビブラートは理想的なんで
このようにアドバイスをしてくださっているんですが、
なかなか難しいものです。

スポンサーリンク

そこで、私なりのコツとして、『ため息ビブラート』を紹介します。
ため息って、腹式呼吸と同じ呼吸なんです。
このため息は声を出して行います。
『ハァ~』や『ハァ~ア』という様になるかと思います。
これを、連続して行ないます。
『ハァ~アァ~アァ~』となるのですが、
この時、ため息とため息の途中でぶつぶつ切れないように
注意しましょう。
最初は、ゆっくりと連続して行ない、慣れてきたら
徐々に連続して行う間隔を短くしていきます。
この方法は、特に大きな声を出さなくてもできるので、
自宅でもどこでも行うことができるかと思います。

次に、言葉の後をため息ビブラートにしていきます。
例えば、『車』ですと
『くるま~~~~』『くるまァアァアァアァ』というようになります。
『マイク』ですと、『マイクウゥウゥウゥ』となります。
こんな感じで、『あいうえお』全て練習してみましょう。
動画でも似たような教え方をしているものがありましたので、
見てみましょう。こちらは『カラスの鳴き声』で紹介されています。

さらになれて来たら、今度は歌詞のワンフレーズを
引っ張ってきて、ビブラートをかけてみましょう。
おそらく歌に合わせてビブラートが多かれ少なかれ
かけれるようになっているかと思います。

裏声ビブラートのコツ

次は裏声を出しながら、ビブラートをかけていきます。
これができる様になったら、次に『裏声』と『地声』を
交互に出していきます。最初は難しいですが、
練習していけば出来るようになるかと思います。
このような感じですね。

慣れてきたら、徐々に裏声地声の間隔を狭めていきます。

自然なビブラートを出すコツ

ここまでくれば、歌いながらビブラートが
かけられるようになっているはずですので、
今度は、ビブラートがわざとらしくならないように
していきます。
コツとしては、ため息ビブラートを5回したとして、
後の方を徐々に小さくしていきます。
音楽のボリュームを徐々に小さくしている感じです。
こうすることで、より自然にビブラートがかかるように
なります。
この部分が難しい人は、
声をだんだん大きくしたり、声をだんだん小さくしたり
する練習を行うと良いでしょう。
イメージとしては、蚊の音です。
『ブ~~~ン』と飛んでいる蚊が耳元に来たり
ちょっと離れたりして音に強弱が付いていますよね。
これを声に出して真似ます。
自然と出来るようになったら、
今度は蚊の音にビブラートをかけていきます。
なんとも洒落た蚊になりますが、これが
結構良い練習法になりますので、試してみてください。


ストレス解消グッズとしても注目!!一人deカラオケ【楽天】

カラオケに行く前に自宅で迷惑をかけずに練習することが
できるカラオケ練習グッズ。
こういったもので練習して友達を驚かせるのも
楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク


3件のコメント

  • 八重桜

    今ビブラート練習中です!!
    役に立ちそうです。ありがとうございます(*´U`)

  • 変猫大好き

    とっても、とっても、Thank youです。
    分かりやすいです。

  • 下痢ピー

    カラオケ行く予定があるかもしれないのでビブラートの練習しました。
    ビブラートが出来ましたー!

コメントを残す




CAPTCHA