栄養ドリンクの副作用ってどんな症状が出る??

体が疲れたときや、頑張らなきゃいけない大切な日に
飲む栄養ドリンクですが、飲み過ぎた場合や、
身体に合わなかった場合、副作用が出ることがあります。

眠れなくなる

栄養ドリンクには、カフェインがおよそ50mgほど含まれています。
これは、インスタントコーヒー1杯分くらいの量です。
人によっては、カフェインの作用により眠れなくなることがあります。
また、眠れたとしてもちゃんとした睡眠が摂れないことがあります。
なので、栄養ドリンクを夜飲むのは好ましくありません。

スポンサーリンク

トイレが近くなる

こちらも、カフェインの作用になります。
緑茶やコーヒーなどを飲んでトイレが近くなったことって
ありませんか??カフェインには、利尿作用がありますので、
人によってはトイレが近くなります。

お腹を下す

タウリンやカフェインが刺激物となって、胃を荒らしたり
下痢になる方がいます。
私はお腹が緩いタイプなので、栄養ドリンクを飲んだら
もう大変です。飲んで数時間後に下しました。
お腹が緩い方は気を付けましょう。

吐き気がする

栄養ドリンクを飲んですぐに吐き気に襲われる方が稀にいます。
これは、おそらくカフェインに反応している物だと思います。
胃の状態が悪いときは、カフェインは刺激物になります。
カフェインには、胃酸を分泌させる作用がありますので、
空腹時に栄養ドリンクを飲むと、吐き気やおう吐する可能性が
高まります。
もし栄養ドリンクを飲まれるのでしたら、胃に何か入れた状態での摂取、
そして、胃が荒れていない状態での摂取を心がけてください。

意外に糖分が多い

栄養ドリンクは、糖分が意外と多い飲み物です。
オロナミンCを例にすると、1本に付き19gも糖分が含まれています。
これを過剰に摂取すると、糖尿病になる可能性は高まります。
また、糖尿病を患っている方には、病状の悪化につながるかもしれませんので、
おすすめできません。
1日に3本も4本も飲み続けると、糖分の過剰摂取もそうですが、
ピタッとやめてしまうと、イライラすることがあります。
糖分過剰摂取による副作用と言えるでしょう。

カフェインの摂り過ぎによる心臓疾患

カフェインを一度に過剰摂取してしまうと、身体に何らかの
異常をきたします。
アメリカのメリーランドに住んでいた14歳の少女の例ですが、
一度に栄養ドリンクを多量摂取し、そのことが原因で
不整脈を起こし、死に至ったケースがあります。
一度に摂取したカフェインの量は、なんと480mg!!
アメリカの栄養ドリンクには、コーヒーのおよそ3倍近くものカフェインが
含まれているので、このような事態を招いたわけですが、
日本では、この3倍の量の2.1L一気に飲んだのと同じですね。
さすがに、ここまで飲める方はいないと思いますが、
栄養ドリンクを過剰摂取すると、カフェインの影響だけではなく、
何らかの害が出るのは間違いありません。
栄養ドリンクを飲む際は、用量をしっかりと守って摂取するように
心がけましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA