ブタクサ花粉の時期と症状!その対策とは?

秋の花粉症の代表とも言われているブタクサ。
ブタクサとは、キク科ブタクサ属の1年草で、
高さはおよそ1mほどで
細い茎の先に黄色く小さい花が密集しており、
葉っぱはヨモギによく似ているのが特徴です。
ブタクサ
河川敷や田畑、道端などに
生えており日本中どこでも見ることができます。
ですが、最近では田畑が減り道路も舗装されていますので、
減少傾向にあるようです。
このブタクサですが、花粉を飛ばし花粉症になる方が
まだまだ多くおられます。
スギ花粉、ヒノキ花粉に続き多いと言われております。
ブタクサの原産国はアメリカで、アメリカでは5~15%の人が
ブタクサ花粉になっているのだとか。
なぜ日本に伝わってきたのかというと、
第2次世界大戦後に、兵士が運んできた荷物に
花粉がついていたことが原因で日本に広まったと
言われています。

スポンサーリンク

ブタクサ花粉の時期

ブタクサ花粉の時期は地域によって異なります。
全国的に見ると8~10月がピークですが、
東北では8~9月が花粉時期となっており
九州では9~10月となっております。
といっても、その年の気候によって若干変化しますので、
11月12月になっても、花粉が飛んでいることがあるようです。
北海道にはブタクサがないため、ブタクサの花粉症は
ありません。

ブタクサ花粉の症状とは?

ブタクサ花粉の症状は、スギの花粉症や
ヒノキの花粉症と同様
鼻づまり、鼻水、目のかゆみ、目の充血、涙が出る、
くしゃみ、が主な症状で、人によっては
肌のかゆみ、微熱、倦怠感、が出る場合もあります。
ブタクサ花粉症は他の花粉症と比べて
喘息になりやすいというところが特徴です。
なぜかというと、スギ花粉の大きさが40μmなのに対し、
ブタクサ花粉は大きさが20μm以下と、スギ花粉の半分くらいの
大きさのため、気管支に入りやすいことが原因のようです。
そのためブタクサは喘息草とも呼ばれています。
ちなみに、喘息の原因と言われ嫌われている
セイタカアワダチソウ』という植物。
セイタカアワダチソウ
この植物は、真っ黄色な花だからか、喘息の原因と
されてきましたが、花粉は風によって運ばれるのではなく
虫が運ぶことが明らかになりました。
もともとセイタカアワダチソウの花粉は重くて
風に飛ばされません。
セイタカアワダチソウを直に鼻や皮ふにこすり付けたりしたら
喘息になるかもしれませんが、ただ見ている分には
何の問題もない花なのです。

ブタクサ花粉の対策

花粉症は、体内に入ると体の抗体が過剰に反応する
アレルギー症状なので、身体に取り込まないことが大切です。
ですので、マスクの着用や花粉メガネなどを着用することで
防ぐことができます。
また、家に入る際は、服などにも花粉が付着していますので、
しっかりと花粉を払ってから家に入るようにしましょう。
秋だと良い風が入ってくるので、窓を開けたくなりますが、
花粉が入ってくるため、ブタクサの花粉症で悩まれている方は、
極力窓を開けないように心がけてください。
対策をしても、家の中に花粉はどうしても入ってきますので、
こまめに掃除機をかけて、家の中の花粉を取り除きましょう。
空気清浄器の設置も有効です。

花粉症の症状があらわれた場合は、
薬局などでアレルギーを抑える目薬や点鼻薬
飲み薬などが販売されていますので、
そういったものでも、かなり症状を抑えることができます。
飲み薬に関しては、眠くなりますので、
運転や仕事、勉強などされる場合は注意してください。
点鼻薬は、私も使用しており即効性を感じております。
鼻や口の中のかゆみが抑えられて重宝しております。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA