犬がものを隠すのはなぜ?その理由と対処とは?

犬は、エサやおやつ、おもちゃなど何か大切なものを
地面に穴を掘って必死に隠そうとします。
室内犬の場合でも、ソファーや床に前足で
穴を掘るしぐさをして隠そうとします。
なぜ犬は、大切なものを隠そうとするのでしょうか?
犬

野生の時の本能

犬の祖先は、オオカミであると言われており
人間がオオカミを家畜化し人間の好みの個体を選択し続けたことで
『犬』が誕生したとされています。
オオカミは狩りをし、食べきれなかった食糧を穴を掘って埋めておき、
必要になったときに、再び掘り起こして食べることがあります。
現在ペットとして飼われている犬は、エサに不自由のない生活をしていますが、
このオオカミの本能が働いて、エサやおやつなどの宝物を
穴を掘って隠そうとする行動がみられるのではないかと言われています。
また、妊娠中のメス犬がおもちゃなどの宝物を、まるで自分の子供のように
大切に守ったり隠そうとしたりすることがありますが、
これは母性本能ではないかと思います。

スポンサーリンク

隠すエサと隠さないエサがあるのはなぜ?

満腹になったから隠すときもあるでしょうが、
必ずしもそうとは限りません。
普段は全部食べるのに、時折残して隠そうと
することがありますが、ひょっとしたら
その仔にとって好きではないものを隠していることがあります。
ただし、好きだからといって毎日上げ続けると
飽きてしまい隠そうとすることはあります。
犬って結構グルメなんです。
ですので、美味しくないもの、食べたくないものを
本能が手伝ってか、隠そうとする傾向にあります。

その他に考えられるのは、楽しみは取っておく
というような考えから隠すことがあります。
これらは、その犬の性格によって異なってくると
思いますので、その仔の性格や行動を観察していると
わかるかと思います。

どんな種類の犬でも隠す行動は見られるのか?

犬は大型犬、中型犬、小型犬と様々な種類が存在しますが、
種類により多少隠したり隠さなかったりということはあるでしょうが、
基本的にどの種類の犬でも隠す行動は見られます。
また、年齢なども関係がないようです。
ただし、全く物を隠そうとしない犬もいます。
なので、物を隠すという行動は、種類や年齢ではなく、
物に執着するタイプの犬(個体)、つまりその仔の
性格によるものだと思います。
こちらは、骨タイプのおやつを一生懸命隠そうとしている
動画です。飼い主が手を出すと『とられる』と思って
怒る仕草も可愛らしいです。

なぜエサではないものを隠すのか?

エサだと後で食べるからと説明が付きますが、
例えば、靴だったりメガネだったり人間のものを
隠すことがあります。
それは単純に自分の宝物という場合もあるでしょうが、
それとは違う理由として飼い主ともっと遊びたい
という意思表示の場合があります。
もし、物を隠されて困っているのであれば、
とことん犬にかまってあげましょう。
すると、そういった問題行動が減る場合があります。

自分のおもちゃを隠す場合は、
ただ単に自分の宝物を誰かに盗られたくないから!
という行動であると思います。
エサもおもちゃもそうですが、
隠してある近くに人間がよっていくと
すごくそわそわした様子で見ていることがあります。
その後人間がその場を離れると、すかさず隠してあったものを
別の場所に隠し始めます。
犬からしてみれば、『どうしよう・・・とられちゃう・・』って
思っちゃうんでしょうね。

屋内で犬が穴を掘る行動

犬が何か大切なものを隠すとかではなく
ただ単に前足を使い、必死に穴を掘ろうとする
行動があります。
このとき犬は、楽しくて仕方がないそうです。
つまり穴掘りは遊びのひとつであって、ストレス発散にも
繋がります。
もしこの穴掘り行動で、床などが傷つくのであれば、
絨毯などを敷いた上に毛布などを置いてあげると
床は傷つかずに済みます。

まとめ

犬が穴を掘ったり、物を隠したりする行動には
なにか理由があります。
その行動に対して、むやみに怒る叱ることは
犬にストレスを与えてしまい、かえって逆効果となり
問題行動が増えることがあります。
ですので、そういった行動の理由を突き止めて
接してあげることで、問題は簡単に解決されることが
あります。
ですので、まずは叱らずに様子を見ることも大切です。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA