医療費控除!インフルエンザの予防接種は対象になるのか?

インフルエンザの予防接種は毎年多くの方が受けています。
確定申告前に気になるのが、医療費控除として予防接種が
対象になるかどうか?だと思います。
確定申告
医療費控除はその名の通り、病気や疾病にかかる
医療費および治療費であって、
予防にかかる費用ではありません。
ですので、基本的にはインフルエンザ予防接種は
控除対象外費用となります。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種において例外がある

例えば、持病をもっており、その持病により
免疫力が低下するなどして、
インフルエンザにかかりやすくなっていおり、
かつインフルエンザに罹ることにより持病が悪化
あるいは悪影響を及ぼす可能性があるときに、
医師が必要であると判断すれば、
医療費控除として認められるようです。

どういったものが医療費控除になるのか?

例えば夫がB型肝炎を患っていた場合に、
介護者である妻がB型肝炎の予防接種を受けたとします。
B型肝炎は、介護上感染する可能性が非常に高くなるため、
患者の治療のために必要不可欠な措置として医療費控除として
認められます。
インフルエンザ予防接種の場合も先に書いた通り
持病の治療にとって必要不可欠と認められた場合に
認められます。

基本的に認められないものと言えば、
予防接種各種、
感染を予防するためのマスクなどのグッズ。
つまりは予防するためのもの。
健康増進のためのマッサージや整体、
栄養ドリンクやサプリメントなどがそれにあたります。

要は病気の治療にとって必要不可欠と医師が判断した場合、
医療費控除として認められるということです。
なので、例えば医師がひどい花粉症により
マスクが必要だと判断した場合、
マスクは医療費控除の対象となりますし、
ノロウイルスなどで、ポカリスエットを飲用することが
望ましいと医師が判断すれば、ポカリスエットも医療費控除の
対象になるようです。
(これらは証明するための書面が必要です)

その他薬で医療費控除の対象となるもの

医療費として認められるものは、以下になります。

  • 医師の処方箋に基づいて購入したもの
  • 医師が必要と判断し認めたもの
  • 自分の判断で購入した医薬品
  • 包帯や絆創膏のような応急措置として使用するもの

先ほどのポカリスエットは、医師が必要と判断し認めたものになります。
他にも、寝たきりの方のオムツやビオフェルミンなどもそれに該当します。
市販のものでも、医薬品であれば医療費として認められます。
例えば、目薬や風邪薬、正露丸なんかも医療費の対象となります。

医療費控除の知っててお得!
通院のために使用した交通費
医療費控除の対象になります。
電車やバスの場合は、日付と料金と区間を
書いた紙を医療費控除の申請用紙に
記載すれば良いです。
タクシーなどは、領収書が必要になります。

まとめ

通常は医療費控除の対象とならないインフルエンザの予防接種も
医師が治療に必要と認めた場合は、医療費控除の対象となります。
治療のために購入した市販の医薬品も対象となりますし、
通院に使用した交通費も対象となりますので、
レシートや領収証はしっかりと残し、バスや電車を使用した場合は
書面に書くようにし確定申告に備えましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA