インフルエンザ予防接種後風邪をひくのはなぜ??

インフルエンザ予防接種後に風邪をひいてしまった!
という方がおられますが、なぜ風邪をひいてしまうのでしょうか?
風邪
これは、インフルエンザ予防接種の副作用の可能性があります。
あるいは、偶然風邪をひいてしまったということもあります。
副作用の中に、発熱や咳、鼻水、鼻づまり、
くしゃみ、筋肉痛、関節痛、倦怠感など
風邪様の症状が含まれています。
その他に吐き気や頭痛、
ワクチン投与部の腫脹や赤み、痒みなどの
副作用も出ることがあります。

スポンサーリンク

風邪様の副作用が出る確率はどれくらい?

くしゃみや発熱、咳、鼻汁といった風邪様の
副作用が出る確率は、全体の5%~10%
されています。
100人に5人から10人の方が、風邪様の症状が
でるのですが、出ても、2~3日程度で治まるようです。
また、インフルエンザ予防接種により、副作用が出ても、
他の人にインフルエンザウイルスが感染するということは
ありません。
予防接種に使用するウイルスは不活性化されており、
無毒で感染力は全くありません。

なぜ副作用がでるのか?

予防接種により副作用が出る人でない人が
いますが、これは免疫機能に個人差が関係
しているようです。
風邪様の症状でくしゃみや咳、鼻汁などは
体の外に異物を追い出そうとする体の反応です。
熱が出るのは、体の熱を上げることによって
異物の動きを鈍らせたり、白血球の動きを活発化させる反応です。
寒気や震えは、体温をあげるために起こります。
インフルエンザワクチンを異物とみなすのですが、
過剰に反応してしまった結果、このような症状が
でるのだと考えます。

風邪様の症状を止めるのに薬を使用しても良い?

インフルエンザの副作用で
咳や鼻水、発熱などの風邪様の症状が出ると、
しんどいですよね?
この場合、咳止めや解熱剤などの薬や風邪薬を
使用すると、予防接種の効果が薄れるのではないか?
と心配される方もおられると思いますが、
効果が薄れたり無効になることはありません
通常は2~3日で症状は治まるのですが、
学校や仕事、家事や育児などですぐにでも
この症状を抑えたいという場合は、
薬を飲んでも問題ないかと思います。
ただし、薬疹や特殊なアレルギーを持っていたり
医師から処方された薬を医師の指示ではなく
自己判断で勝手に飲んだりすることは
やめた方が良いでしょう。
心配な方は病院で診てもらうと良いかと思います。

まとめ

予防接種後風邪様の症状がでるのは、
偶然風邪をひいたということもありますが、
副作用が出たという場合もあります。
この症状を早く何とかしたいという場合は、
風邪薬などを飲んでも通常問題はないようですが
副作用の症状がひどいようなら、
病院で診てもらう方が良いかと思います。
その上で、十分な栄養と睡眠を摂って、
安静にしておきましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA