インフルエンザ予防接種は生理の時でも大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受ける際に女性であれば
生理中でも予防接種が受けられるかどうか、
誰しもが一度は気にしたことがあるのではないでしょうか?
実際のところは受けられるのでしょうか?
生理
基本的には問題がないようです。
産婦人科では、むしろ月経中にワクチンを
うつと言っているところもあるほどです。
といっても、これは他の予防接種、
例えば風疹などは、妊娠中に打っては
いけないことになっているため、
妊娠していないことが明らかな生理中に打つという
ことから来ているものだと思われます。

スポンサーリンク

つまりは、生理中に予防接種しても問題はないということです。
ただし、ただでさえしんどい生理の上、
予防接種による副反応で熱発や体のだるさ、咳や鼻水などの
風邪様の症状が重なることがあります。
その際は、ダブルパンチでよりつらくなることは少なからず
あるでしょう。
インフルエンザ予防接種による副作用についてはこちら

ひどい生理でも問題ない?

基本的には問題がないとされていますが、
以下の症状が出る場合は、見合わせた方が良いかもしれません。

  • 生理時に免疫力が低下する
  • 熱が出たり、風邪様の症状が出たりする

インフルエンザの予防接種は、熱が37.5以上あると接種することが
できません。
また、免疫力が低下しているときに予防接種をしても、
抗体がつきにくく、思うような効果が得られないと言われています。
ですので、体調不良時に予防接種をすることは望ましくありません。
受けても良いかどうか迷われる場合は、
一度医師に相談してみてください。

予防接種前後に薬は飲んでも良いのか?

薬
生理の痛みがひどくロキソニンなどの薬を
飲む場合があると思いますが、
インフルエンザ接種前後に服用してはいけない薬
というものはないようです。
ですので、生理中の頭痛や痛みを抑える薬を飲んでも
問題ありません。
ですが、インフルエンザ予防接種前に熱を抑えたり
風邪様の症状を抑える意味合いで薬を飲まれるのでしたら、
上記の思ったような効果が得られないことから
予防接種は控えた方が良いでしょう。
もし心配なようでしたら、一度医師に相談してみると
良いかと思います。
また、抗生物質なども含めて薬を飲んだからといって
インフルエンザ予防接種の効果がなくなるなど
そういったことはありませんので、安心してください。

まとめ

生理中にインフルエンザ予防接種を受けることは
基本的に問題はありません。
ですが生理の時に、37.5℃以上の熱発したり
風邪様の症状が出る場合や
心配な方は控えた方が良いでしょう。
どうしても心配な方は、一度医師に相談すると良いかと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA