喪中の初詣は行ってはいけない?お寺ならどうなの?

喪中の人は、神社への参拝は控えた方が良い
と言われていますが、
なぜ控えた方が良いのでしょうか?
神社
これは、神社の死に対する考え方によるものだそうです。
神社では死を『ケガレ』と考えているため、
神社のお社の中でお葬式をしないのは、
この考えからきているようです。
なので、ケガレている間は、初詣などの参拝は控えた方が
良いですし、神社によっては、鳥居をくぐることさえ許されないという
ところもあるようです。

スポンサーリンク

喪中ってそもそも期間はどれくらい?

喪中というのは、厳密にどれくらいという決まりはありません。
地域や宗教宗派によって異なります。
ですが、一般的には1年間とされています。
より詳しくいうと以下の方がなくなった場合の
喪中期間はこのようになっています。

  • 父母、養父母、義父母 ⇒ 12か月~13か月
  • 子供 ⇒ 3か月~6か月
  • 兄弟や姉妹 ⇒ 30日~3か月
  • 祖父母 ⇒ 3か月~6か月
  • 祖祖父母、叔父叔母、伯父伯母 ⇒ 喪中はない

となっていますが、一般的には親族がなくなった場合は、
1年間としているところが多いようです。

喪中の初詣はいつから可能になるのか?

神社の考え方によって変わるのですが、
喪中ではなく忌中を過ぎればOKとしているところも
結構あるようです。
忌中というのは、死後49日間のことをさします。
ですので、死後50日より参拝できるということです。
神社によっては、忌中ではなく、喪中期間は受け入れてくれない
というところもありますので、神社に行かれる際は、
事前に神社に確認するのが無難かと思います。

死後49日までに初詣に行かなければならない場合

喪中のときに、合格祈願や安産祈願などで初詣、
あるいはお参りに行かなければならない
ということもあるかと思います。
そんな場合は、祓えを受けることでお参りが可能となります。
祓えは、基本的に神社にお願いをして行なってもらいます。
その際に玉串料を払って祓いの儀を行ないます。
玉串料は神社によっても異なるかと思いますが、
相場は5000円程度となっています。
これが本来の祓えになるのですが、
簡易的に行うこともできるようで、その場合は、
手水で清めて鈴祓いを受けても良いようです。
手水はこのように行います。

鈴祓いは、神社にある鈴を3回ならし、
祓いたまえ、清めたまえ
と心の中で唱えると良いそうです。
鈴祓え
これをすることで、49日を過ぎていなくても
初詣や参拝に行くことができるそうです。
ですが、お住まいの地域によっては習わし風習も
関係してくるところもありますので、
その場合は、その習わしに従うことをお勧めします。
参拝ができるといっても、地域の習わしに背き
ぎくしゃくとした関係になるのも、変な話ですしね。

お寺は参拝しても良いの?

お寺は、死をケガレとは考えていません。
ですので、お寺の本堂を利用して葬儀もします。
49日とかは関係なく、お参りに行き手を合わせます。
つまり、忌中や喪中であろうと、お寺なら初詣、参拝に
行っても良いということです。

神社への参拝が気になる方や、
地域の考えに合わせるのであれば、
お寺に参拝に行かれると良いかと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA