インフルエンザの予防接種はいつまで受けられる?

インフルエンザの予防接種は、通常10月中旬や
11月初旬あたりから12月中旬くらいまでに受ける方が多いですが、
何らかの事情でこの期間に受けられなかったり
インフルエンザが流行りだして予防接種を考えだされる方は
いるかと思います。
そこで、予防接種はいつまで受けられるのか?
について徹底的に調べてみました。
インフルエンザ
いつまで受けられるのか?は結論から書くと、
12月下旬であっても、1月初旬や中旬あるいは下旬であっても
受けることが可能です。
ですが、病院のワクチン在庫状況によって
異なります。
また、子供の2回接種の場合は
在庫があったとしても1回のみの摂取になる可能性があります。
ですので、予防接種が受けられるかどうかは
病院に問い合わせてみないとわかりません。

スポンサーリンク

インフルエンザの流行時期と予防接種時期

インフルエンザは、12月頃からぽつぽつと出てきだして
ピークは1月~3月と言われています。
ですので、予防接種はピーク時期までに済ませると効果的です。
予防接種は接種してから、およそ2週間後より効果があらわれはじめるため、
遅くても12月中旬には、接種することが望ましいです。
生後6か月~13歳未満の子供の場合2回接種しないといけませんので、
2回目の摂取が12月中旬に終わるようにする必要があります。
ですので、1回目の予防接種は
遅くても11月下旬~12月初旬に打つ必要があります。
理想は、1回目と2回目の間隔を4週間あけることが望ましいです。

予防接種が遅くなった場合、効果はあるのか?

予防接種が、12月中旬を超えてしまった場合効果はあるのか?
についてですが、ピーク時期が1月~3月となっていますので、
ピーク時期ちょうどには、まだ効果があらわれないものの
ピークが長いため、十分に効果が期待できると思います。
例えば、1月初旬に予防接種を行なった場合、
効き始めるのに最低2週間はかかりますので、
1月下旬に効果があらわれはじめることになります。
3月まではピーク時期が続きますので、
予防接種が遅くなったとしても、意味はあるかと思います。
なので、遅くなったからと予防接種を諦める前に
病院に相談してみると良いでしょう。
ちなみに、予防接種の効果は、2週間後からおよそ5か月間は
持続すると言われています。

まとめ

  • 予防接種は1月に入っても受けることができる
  • ワクチンの在庫量に関係するため、摂取できるかは病院によって異なる
  • 接種が遅くなったとしても、ピーク時期が長いため十分に効果が期待できる
  • 理想は、11月頃の摂取。遅くても12月中旬までの摂取が理想である。
  • 子供の場合は、遅くいくと1回の摂取のみになる場合がある

インフルエンザの予防接種は、病院のワクチン在庫状況によって
異なりますので、遅い時期に接種をお考えの方は、
一度病院へ問い合わせてみてください。
病院によっては、年中受け付けているところもあるようですよ。

スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA