牛乳で下痢!その原因と対処法とは??

牛乳を飲むと、すぐに、あるいは数時間後に
下痢になってしまう。
これじゃ、好きな牛乳も飲めなくなってしまいますよね?
なぜ、牛乳を飲むと下痢になってしまうのでしょうか?
徹底的に調べてみました。
牛乳

牛乳を飲むと下痢になってしまう原因とは?

牛乳を飲むと下痢になる人の多くは、
牛乳に含まれている乳糖という成分が
分解できない、あるいは分解しきれないために、
下痢になります。
通常、乳糖は腸内に入ると、ラクターゼという消化酵素により
分解され、ガラクトースとグルコースという成分となって
吸収されていきます。
ですが、ラクターゼ分解酵素がもともと少ない人(特に日本人に多い)は、
うまく分解吸収されませんので、不消化物となり悪玉菌のエサとなり
下痢を起こしてしまいます。
これを乳糖不耐性(乳糖不耐症)と呼びます。
腹痛
乳糖を分解するラクターゼは、年をとるとともに
多かれ少なかれ減少していきます。
そのため、小さいころは牛乳を飲んでも平気だったのに、
大人になってからは牛乳を飲むと下痢をするようになる
ということもあります。

温度により腸を刺激する

冷えた牛乳を飲むことで腸を刺激してしまい、
水分をうまく吸収できずに下痢になる
ということも考えられます。
この場合、冷たい牛乳はダメだけど、ホットミルクなら下痢を
しないという方が当てはまると思います。

固形と液状の違い

例えば、牛乳は下痢をするけど、
牛乳寒天やフルーチェなどの形のある牛乳は
下痢をしないという方がいます。
これは、形があることによって、腸内をゆっくりと
進むことにより液状のものより分解吸収が
よくなっていることが考えられます。
液状のままですと、腸をそのまま素通りして
下痢になっている可能性があります。
この原因も、やはり乳糖不耐性が原因となっている
可能性があります。

スポンサーリンク

牛乳を飲んで下痢をしないための対処法は?

牛乳を少しずつ飲む

牛乳を一気飲みしてしまうと、下痢になる確率が高くなります。
これは消化酵素が対応しきれていないためです。
消化酵素が対応できる量というものがありますので、
牛乳を少しずつ(少量)飲むようにすると下痢を起こさなくなります。
また、少しずつ飲み慣らしていくことで、消化酵素の分泌が増加するため、
牛乳を飲んでも下痢にならない体質になっていくとも言われています。

牛乳を温めて飲む

冷たい牛乳が原因となっている場合は、
牛乳を温めて飲むと下痢をしなくなるかもしれません。

温めることで乳糖を分解?
質問サイトなどを見ていると、
温めることによって乳糖が分解できると
書いてあることがありますが、
温めても乳糖は分解できません。
ただし、体を温めることによって、
消化が促進されるという効果は期待できます。
牛乳を固形にする

牛乳をゼリーやフルーチェなどの固形状にすることによって
腸内をゆっくりと移動していきますので、
牛乳を飲んで腸を素通りということは、なくなります。

ヨーグルトやチーズなどを食べる

ヨーグルトやチーズなどの牛乳を発酵して作られたものは、
乳糖がある程度分解された状態になっています。
ですので、乳糖不耐性の方でも
下痢を起こしにくいと言われています。
乳酸菌を摂取することにより、腸内細菌も徐々に増えていくことにより
乳糖を分解する細菌も増えていくため、
下痢を起こしにくくなるようです。
また、このような発酵食品は、乳糖を分解しているとはいえ、
少量の乳糖は残っている状態です。
ですので、体を乳糖に慣らしていくには、良い食材だと思います。

乳糖分解牛乳を飲む

牛乳でお腹がごろごろする人用の牛乳として、
すでに乳糖を分解してある牛乳が販売されています。
MEGMILK アカディがそれにあたります。
味は、乳糖が分解されて出来たグルコース(ブドウ糖)により
甘みがあります。

整腸剤を飲む

乳酸菌を摂るという意味で、ビオフェルミンやラックビーなどの
整腸剤を飲むのも有効だと思います。
また、整腸剤にも乳糖が多少含まれていますので、
身体を乳糖に慣らすことにも役立つかと思います。

乳糖消化酵素剤を服用する

ラクターゼを含む酵素剤が病院でもらえたり、
通販などでも販売されています。
牛乳を飲む前にこのような消化酵素剤を
飲むことにより、消化の手助けをしてくれますので、
下痢がましになるかもしれません。

豆乳に置き換える

牛乳を飲むとどうしても下痢をしてしまうという人は、
牛乳の代わりに豆乳を飲んでみてはいかがでしょうか?
豆乳には乳糖が含まれていませんので、それが原因で
下痢をすることはありません。
ココアやコーヒーなどを入れて飲むと美味しくいただけますよ。

まとめ

解決
日本人の多くは、乳糖を分解する消化酵素が
少ないと言われています。そのため下痢を起こしやすくなるのです。
まず、牛乳の何に反応して下痢をしているのか原因を探り、
それにあった対処法を行なうことで、
下痢は抑えられるかと思います。
美味しく牛乳を飲むためにも、様々な対処法を試してみると
良いかもしれませんね。
ただし、何をしても下痢になるという方は、
乳糖消化酵素が他の方と比べて少ない可能性がありますので、
そういった場合は、牛乳および乳製品を控える様にし、
一度医師に相談された方が良いかもしれません。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA