アボカドの栄養とカロリーは?効能はどうなの?

アボカドは、森のバターと呼ばれるほど、
栄養価が高い果物です。
徹底的に調べてみたのですが、
森のバターって言われるのも納得!
正直やばいです!!!
アボカド

アボカドの栄養は?

アボカドの栄養で長けているのは、
ダントツで脂質です。
アボカド100g中に脂質が18.7gも含まれています。
これは、牛肉(肩ロース)の1/2の量になります。
果物では、脂質2位に位置する干柿でさえ1.7gしか
含まれていませんので、その多さがわかるかと思います。

脂質が多いといっても、アボカドには動脈硬化のリスクを
高めるといわれるコレステロールは含まれていません。
それだけでなく、ビタミンB1やビタミンB2、パントテン酸、
亜鉛などは、果物の中で1番多く含んでおり、
その他に、たんぱく質、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、
リン、エネルギー(カロリー)、鉄分、銅、ビタミンE、ナイアシン、
ビタミンB6、食物繊維も多く含まれています。
これらを総合すると、
世界一栄養価の高い果物なのです。
これが森のバターと呼ばれる所以だったのです。

スポンサーリンク

アボカドの効能は?どんな人に向いている?

アボカドには、コレステロールを低下させる不飽和脂肪酸である、
オレイン酸、リノール酸、リノレン酸が豊富に含まれていますので、
動脈硬化予防に良いといわれています。
ですので、心筋梗塞や脳梗塞、高血圧を気にされる方
向いているといえます。
その観点から喫煙される方は動脈硬化のリスクが高まると
言われていますので、喫煙される方も積極的に
アボカドを摂取していきたいですね。

老化防止に役立つビタミン群やミネラルも豊富に含まれています。
美肌に良いといわれるビタミンEはアボカド1個で1日に必要なビタミンEの
1/3が摂取できるといわれていますし、
リノレン酸によるお肌ツルツル効果や
ビタミンB2による皮膚の健康を維持する効果も期待できます。
ですので、美容に気を付けている女性の方も積極的に摂取していきたいです。

各種ビタミン、ミネラルは、何も美容だけに働くのではなく、
免疫力を高めたり、体脂肪率を落とす効果(ビタミンB2)
ビタミンEによる抗酸化作用(がん予防や風邪予防など)
また、グルタチオンという物質も豊富に含んでいますので、
肝機能低下を防止する働きも期待できます。
つまり、飲酒や喫煙をされている方や、ダイエットをされている方、
健康に気を付けている方にもおすすめです。

そして、食物繊維も多く含まれていますので、
腸の働きを整える作用もあります。
下痢や便秘といった腸のトラブルをもっている人にも
有効と言えるでしょう。

どんな人に向いていない?

アボカドを食べると、胃が痛くなったりもたれる方がいます。
これは、アボカドに含まれている脂質がうまく消化されずに
このような症状が出ている可能性があります。
ですので、脂っこいものを食べると胃が痛くなったり
もたれる人は、少量程度で抑えた方が良いかもしれません。

また、アボカドアレルギーと言う場合も考えられます。
このような方は、食べない方が良いでしょう。

  • 胃腸が弱い人(特に脂質を摂取して下痢になったり胃にトラブルが出る人)
  • アレルギーをもっている人

食べ過ぎるとどうなるの?

普段の食事にプラスしてアボカドを摂取した場合、
余計にカロリーと脂肪分を摂取することになりますので、
いくら健康に良いといっても、食べ過ぎた場合、
総摂取カロリーが高くなるため、太る可能性があります。
また、脂肪分の摂取も多くなりますので、
ニキビや吹き出物などの肌荒れが出る可能性はあります。
また、余分に脂質を摂っているわけですから、
消化不良を起こし、下痢になったり、胃痛や胃もたれといったような
症状もでるかもしれません。

病気の観点からは、アボカドの脂質(不飽和脂肪酸)は、
摂り過ぎるとアレルギーを起こす可能性があります。
これは、不飽和脂肪酸であるリノール酸が分解されると
ロイコトリエンという物質が出るのですが、
この物質がアレルギー炎症を促進させるといわれているからです。
といっても、余程過剰摂取しないとこのような影響はでないでしょう。

オリーブオイルは、1日に大さじ1~2杯摂取すると体に良いとされています。
オリーブオイル2杯分の不飽和脂肪酸をアボカドで摂取しようと思うと、
普通サイズのアボカドだと、1.5~2個程度の摂取が必要になります。

栄養素だけを見ると、普通に食べている分なら
とり過ぎになるということはありません。

目安として1日に1~2個程度食べても良いかと思います。
ただし、カロリーがアボカド可食部100gあたり187kCal
ありますので、他の料理との組み合わせによる
総摂取カロリーには注意が必要なのと、脂肪分の取り過ぎおよび
1度に2個食べたときに消化不良にならないように注意しましょう。

  • 小さ目のアボカド1個あたりおよそ220kCal
  • 普通サイズのアボカド1個あたりおよそ270kCal
  • 大き目のアボカド1個あたりおよそ330kCal

未熟なアボカドと熟したアボカド!どっちが栄養価が高い?

脂質やその他の栄養は、取れたときに決まるので、
熟していないものも熟しているものも栄養的には変わりありません。
ただし、熟したものはデンプンが糖に
変化しているという違いはあります。
吸収の面でいえば、熟している方が吸収率が良いため、
栄養を余すことなく摂取したい場合は、熟していない固いアボカドを
食べるよりも、熟しているアボカドを食べる方が
栄養が摂れるといえます。

アボカドは、国産のものより輸入物が多く出回っており、
質や大きさにより値段も異なります。
業務用のものは比較的安く手に入りますし、
スーパーによっては安売りしているところもあります。
また、通販のものも安くで販売している場合がありますので、
そういったところも調べてみると良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA