花火できる場所ってどこ?公園?河川敷?

夏になると、お店で花火が売られている。
手持ち花火から打ち上げ花火、設置型の
噴水花火など実に様々なものがある。

でも、どこで花火をしたらいいのだろうか?
できる場所がわかならい。
ということで、花火ができる場所を調べてみました。

スポンサーリンク

基本的にどこでやってもよい?

社団法人日本煙火協会によると、
花火は、基本的にどこで行なっても良いそうです。
誰でも許可なく遊んでも良いことになっているので、
公園や河原などでも遊べるということ。

ただし、注意点があります。
それは、条例がある地域があるということ。
条例下の場所では、その条例に従って花火をしなければ
ならないということです。ですので、条例で禁止されているような
場所ではしてはいけないということですね。
それは、公園かもしれないし、河原かもしれないし、
深夜の花火の禁止かもしれません。
都道府県市町村によって異なります。

ですので、花火をする場合は、
一度調べてからにした方が良いでしょう。

花火

調べ方は?

調べ方は、インターネットで調べる場合は、
『あなたの市町村 + 条例 + 花火』と検索すると
出てくる市町村もあります。
私のところでは出てきませんでした。

出てこない場合は、あなたの住まわれている場所の
役所や消防署で確認を取るしかないと思います。

公園などに立札がなくても、実は禁止されている
ということもありますので、注意が必要です。

また、条例では定められていないが、
管理団体・事務所が個別にルールを
設けていることもあるようなので、こちらにも
注意しなければいけません。
例えば、このような感じです。
淀川河川事務所
参照:淀川河川事務所
http://www.yodogawa.kkr.mlit.go.jp/lounge/qa/goiken_detail.php?id=825&mode=riyou&no=1

ですので、こちらの方にも一度確認された方がよいでしょう。

花火を行う際の注意点

条例の出ていない場所を見つけたとしても
注意することがあります。
それは、マナーです。

条例は違反してなくても、
マナーが悪ければ、人の迷惑になります。

簡単にマナー違反にならない点を挙げると

  • 迷惑にならない時間や場所で行う
  • 風向きを考えて煙で迷惑にならないようにする
  • 音の出る花火は人の迷惑にならない時間、場所で行う
  • 後片付けはしっかりと行う
  • 火の始末はしっかりと行う

ということが挙げられます。
条例とマナーを守れば、どこでも行える花火。
といっても、そんな都合の良い場所ってあるんでしょうか?

じゃあどこで行なうの?

考えられるのは、条例に反していなく、
マナー違反でないこと、さらに管理団体・事務所の
ルールにのっとったことを条件として、

  • 広い河川敷
  • 大きな公園
  • 大きな広場
  • 海辺

このあたりになるかと思います。
花火をする人にとって、いくつものしかかる条例(規制)
近隣への迷惑にならないようにするための場所、
なかなか見つからないかもしれませんが、
現状探すしかありません。

結論

都道府県の条例、市町村の条例、
管理団体・事務所のルールを
クリアしたうえで、マナーを守って
花火を楽しみましょう。

基本的にどの場所においても、
打ち上げ花火など飛んでいくような
花火は、草や木などに、火の粉が
移り火事の原因になりやすいので、
しないほうが良いでしょう。
といっても、これらの花火は禁止してないところを
見つけるのが大変でしょうけど。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA