アシナガバチに刺された!対処法や薬は?

あいたっと思ってみてみると、アシナガバチに
刺されていた。というときや、ハチの巣の駆除中に
刺されたなんてことあるかと思います。

アシナガバチに刺されたとき、まずどういった対処法を
行なった方が良いのでしょうか??
また、薬は付けるとしたらどんな薬をつけた方が
良いのか??調べてみました。

スポンサーリンク

アシナガバチに刺されてすぐに行なった方が良いこと

まずは、その場から離れてください。
近くに巣があるかもしれません。

次に応急処置ですが、
よく口で毒を吸い出してなど聞きますが、
これは絶対にしないようにしてください。

口の中に傷などがある場合、そこから毒が回るということも
十分あり得るためです。

まずは、刺された場所を大きくつまんで、
つねるように、毒を体外に排出させることが肝心です。
こういった場合に備えて、毒を吸い出すグッズなんかも
販売されていますので、救急箱にでも、一つ
入れておくと、大変便利かと思います。

ヘッセル・インセクト・ポイズンリムーバー

※もし針が残っているようなら、初めに
毒を中に押し出さないようにゆっくりと
引き抜いてください。

次に、刺された部分を水でよく洗い流すことです。
水の代わりにスポーツドリンクやお茶を使用しても
かまいません。

吹き出し見出し
昔アンモニアを塗ると毒が中和して効果が
あるなんて言われていましたが、
毒が入ってる部分は、皮膚の内側。
アンモニアを塗っても毒にまで届かないので
意味がありません。
それどころか、アンモニアの代わりに
おしっこを塗ったりなんかすると、雑菌が侵入して
余計に悪化することにもなるので、やめましょう。

そして、濡れタオルや氷などで、
刺された部分を冷やしてください。
こうすることで血管が収縮して毒の周りを
遅くすることができます。

  • 蜂の毒を搾るように体外に出す
  • 流水で洗い流す
  • 刺された部分を冷やす

アシナガバチ

応急処置が済んだらどうするのか?

毒が回らないように、腕や足なら心臓に近い部分を
しっかりと縛っておきます。

蜂に刺されたのが初めての場合で、
刺された部分が手や足などに1か所程度なら
それほど心配する必要はないかと思いますが、
20~30分程度様子を見て、
症状が悪化していく、あるいは
様子がおかしいようなら
病院へ行きましょう。

蜂に刺されたのが2回目だと注意が必要

蜂に刺されたのが、2回目の場合は
注意が必要です。

1回目刺されたときに、体の中でその毒に打ち勝とうと、
免疫(抗体)を作ります。

2回目刺されたときに、この抗体が反応するのですが、
中には、この抗体が過剰に反応して
アレルギー症状が出たり、場合によっては、
アナフィラキシーショックを起こしてしまい、
重大なことになってしまいます。

ですので、この場合は、
病院で診てもらった方が無難です。

蜂アレルギーについてはこちら

どんな薬を塗るといいの?

蜂に刺された場合に、
効果があるといわれているのは
抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏です。
炎症やかゆみを和らげる作用があります。

市販のものでは、『虫さされ』
書いてあるのもには、大抵含まれています。
購入する際は、薬局の店員さんに
尋ねてみてください。

蜂に刺された当日にしちゃいけないこと

蜂に刺された当日にしてはいけないことというのが、
いくつかありますので、紹介します。

  • お風呂に入らない
  • お酒を飲まない
  • 運動をしない

ということです。
どれも、血液の流れが速くなるものばかりです。
血液の流れが速くなると、
炎症が悪化してしまう恐れがあるため、
絶対にしないようにしてください。
蜂に刺されたときは、大人しくしてるのが良いでしょう。

まとめ

蜂に刺されたら、慌てずにその場から離れること。
すぐに毒を体外へ出し、流水で患部を洗うこと。
そして、患部を氷などで冷やすことが大切です。

適切な処置をしていれば、症状が軽くて
済む場合がほとんどです。

ただし、20~30分経って、症状が悪化、何かおかしい
と感じた場合は、速やかに病院に行きましょう。
また、刺されたのが初めてではない場合は、
速やかに病院に行きましょう。
ちなみに病院は、皮膚科に行くのが一般的です。
絶対に皮膚科というわけではなく、
外科や内科でも構いません。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA