とびひの原因とは?なぜ子供になりやすいのか?

夏になると、とびひになる子供が多くなります。
かゆいから掻く。掻くと広がり、見ていてかわいそうですよね。
なぜ夏なのでしょうか?

原因を調べてみました。

スポンサーリンク

とびひの原因は?

とびひの正式名称は、伝染性膿痂疹(のうかしん)
といい、あせもや虫さされ、ひっかき傷、擦り傷、湿疹などから
細菌が入り込み、とびひが発症します。

原因となっている細菌は主に2種類存在しており、
1つ目は、黄色ブドウ球菌
生活している身の回りの至るところに存在する
常在菌で、とびひの原因となるのは、
黄色ブドウ球菌が主な原因となっているそうです。

2つ目は、化膿レンサ球菌
健康な人の鼻や喉などにいる常在菌です。

どちらもどこにでもいるような菌が原因となって
とびひが発症しています。

虫さされやあせもなど、かゆいからどうしても
掻いてしまいます。掻くことによって、傷ができ
手についてる原因となる常在菌が皮膚内に入り込み
とびひになる。とびひになったら、またかゆいので、
さらに掻いてしまい、つぶしては掻いて広がるの
悪循環に陥ります。

かゆみ

とびひはなぜ子供にかかりやすいのか?

とびひは6~10月頃の暑い時期に、主に0~6歳くらいの
子供にかかりやすいといわれています。
では、なぜ子供、特に小児に発症しやすいのでしょうか?
見ていきましょう。

とびひが子供に多い原因その1

まず、子供は発育途上のため、まだ免疫力が大人と比べて
しっかりとしていないということが挙げられます。
ですので、掻いてしまい、菌が侵入するととびひになりやすい
というわけです。

とびひが子供に多い原因その2

子供は大人と比べて、どうしても掻きむしる回数が多くなります。
それに加えて、子供は外で遊びいろんなものを触ります。
ですので、傷が多くなりやすく、細菌が付きやすい環境で
生活しているからというのが、原因の一つとなっているようです。

とびひが子供に多い原因その3

アレルギー性皮膚炎(アトピー)を患っている子供が
多くなってきています。
アトピーがうまくコントロールさせておらず、皮膚のバリアが
壊れている子供は、とびひにかかりやすく、
また、免疫力もしっかりと整っていないため、
そのこともとびひになりやすい原因となっているようです。

とびひが子供に多い原因その4

とびひの原因となる黄色ブドウ球菌は、
夏になると皮膚表面で繁殖を繰り返して増殖していきます。
汗をかいて、程よい湿度と夏の温度は、菌にとって増殖
しやすい温度でもありますので、菌には良い環境に
なっています。
このことが夏にとびひが多く、子供にもとびひが多い
原因となっているようです。

とびひは大人でもかかる?

とびひは大人でもかかることはあります。
その原因として、ストレスや過労により
著しく免疫力が低下したときに、
とびひの症状が現れることがあります。
上記のものは、免疫力低下時に出てくるため、
夏だけでなく他の季節にも出てくる可能性があります。
また、アレルギー体質の方は、とびひになりやすいと
言えるでしょう。

まとめ

とびひは、だれでもかかる可能性はあるが、
子供の方が免疫力がまだついていないため、
かかりやすい。
原因は、黄色ブドウ球菌などの常在菌が
傷口などから侵入して発症してしまう。
夏に多いのは、虫さされが多くなること、
常在菌が繁殖しやすいことが挙げられます。

対策としては、虫に刺されてかゆくなる前に、
かゆみ止めを塗るなどすると良いかと思います。

とびひの治療についてはこちら

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA