打ち水の効果的な時間とは?

夏の暑い日に涼をとるために道や庭などに
水を撒きますが、この打ち水はいつ行なっても
良いのでしょうか??
それとも効果的な時間があるのでしょうか?

打ち水とは、そもそも地面に水を撒くことによって、

  • 地面の温度を下げる
  • 蒸発する際に気化熱を奪うため、温度が下がる
  • 他の部分と温度差や湿度差が変わるため、
    風が発生する

というような効果があります。
これらの効果の内、気化熱を奪うことが
一番の目的となります。

スポンサーリンク

どの時間帯で行えばよいか?

どの時間帯で行なえば効果的かというと、
朝方や夕方になります。
朝方や夕方ですと、昼間と違い
地面に水を撒いてもすぐには蒸発しないため、
気化熱を奪ってくれるそうです。

昼間に撒くと、水分はすぐに蒸発してしまいますので、
一瞬は涼しく感じますが、効果的に
気化熱を奪うことができず
温度は下がりにくいです。
また、温度が下がるよりも早くに湿度が
上がるため、かえって不快感が
増すかと思います。

夜の打ち水はどうなのか?

朝夕は、昼間と比べて打ち水効果は
持続させることができますので、
しばらくの間は、涼しく感じます。
なので、夜の場合ですと気化熱により
温度を下げる効果は、朝型や夕方に比べて
多少効果は落ちるものの、十分に効果は
あるかと思います。

アスファルトでも効果はある?

土に撒くのと、アスファルトに撒くのとでは
効果が変わってきます。
アスファルトに撒くと、水はすぐに蒸発してしまいますので、
気化熱を十分に奪うことはできません。
逆に土などの水がしみ込みやすい地面に打ち水を
行なうと、時間をかけて蒸発しますので、
効果は持続しますし、気化熱を効率よく
奪うことができますので、
アスファルトに打ち水を行うよりも
土などに行なった方が効果が高いと言われているのです。

どれくらいの水を撒けばよいのか?

水の量は多ければ多いほど、
良いかというと、そうではありません。
水の量が多いと、なかなか蒸発せずに、
気化熱を奪う効果が減少してしまいます。
なので、水の量は水たまりができないくらいの
量を何回かに分けて行うと良いでしょう。

範囲については、できるだけ広範囲に
打ち水を行うと良いかと思います。
地面だけでなく、家の壁などにも
打ち水を行うと、多少効果が高まるようです。

マンションなどのベランダに打ち水をする場合は?

マンションのベランダですと、土ではなく
コンクリートでできていると思います。
この場合、アスファルトと似たようなものなので、
土に打ち水をする時と比べて、効果が下がります。
ですので、一番良い方法は麻のシートのような
水を吸収するものを敷いて打ち水をする
効果が高まります。
もしくは、一瞬で蒸発してしまわないように、
日陰を多く作ることで効果が高まります。

注意点としては、水を撒く際に、下に
水が飛び散らないように気を付ける事
お隣に水が流れていかないような量を
撒くということです。
そもそも水を撒きすぎると中々気化しなくなるので、
効果がさほど得られなくなりますので、
少量の水をこまめに撒くようにしましょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA