幼稚園運動会のお弁当の前日準備はどこまでする?

幼稚園の運動会に持っていくお弁当!
皆さん前日準備はどこまでしても大丈夫なのか
悩まれているようです。
一般的に、夜遅くまで下ごしらえして、
朝早くに起きておにぎりを作ったり
揚げ物をあげたりしているようですが、
当然子供の数よりも、見に行く大人の数の方が
多くなっちゃって、多ければ多くなるほど
前日にほとんど準備をしておかないと
当日間に合わないということもあるようです。
運動会
では、お弁当の前日準備は、どういったことを
しているのか見ていきましょう。

前日に作れるものは作ってしまおう

当日の準備をできるだけ減らすために
前日に作れるものは作ってしまった方が
当日ばたばたしなくて済みます。

スポンサーリンク

その料理は、主に前日に作っても
味が落ちないような料理になります。

かぼちゃの煮っ転がしや筑前煮などの煮物系は、
前日から作っておくと、味がしみ込んで美味しくなりますし、
冷やしても美味しくいただけます。

グラタンやハンバーグなども前日から作っておいて
当日お弁当に入れるだけという状態にしておいても
問題はありません。

意外に人気なのが、枝豆です。
また、定番料理と言えば
野菜の牛肉巻きです。
ニンジンやインゲン、アスパラを下ゆでしておいて、
牛肉で巻いて甘辛く煮ると見た目も栄養も
バランスの摂れた料理となるでしょう。

おひたしやポテトサラダも前日に作っておいても
問題ないかと思います。
ただし、ポテトサラダはマヨネーズを使うため
痛みが早いため、気になるのなら
当日にマヨネーズで合えるだけという状態まで
作っておけば良いかと思います。

前日に下準備をしておくもの

前日に下準備までなら様々な料理は
下準備できるかと思います。

から揚げやエビフライなどの揚げ物は、
当日にあげるだけというところまで
下準備します。

子供に人気のウインナーは、
予めタコやエビになるように
切り込みを入れておきます。
卵を挟んで爪楊枝で刺しても
見た目が可愛らしくなるので、
卵も茹でて爪楊枝にさすところまで
準備はできます。
当日は焼くだけです。

ハンバーグも、前日に作ることが
出来ますが、焼くのは当日の方が美味しく仕上がります。
あとは焼くだけという状態にしておけば、良いかと思います。

当日に作った方が良いのも

当日に作った方が良い物は、ご飯系になります。おにぎりや、お寿司などがそれにあたりますね。
また、卵焼きも当日に作った方が美味しく仕上がります。

結構大変なのが、おにぎりです。
時間も手間もかかりますので、
おにぎりではなく赤飯にする方もいるようです。
赤飯だと見た目の豪華さを演出できますし、
味も申し分ありません。

まとめ

前日に作った方が良い物、
下ごしらえができるもの、
当日に作った方が良い物があります。
逆に言えば、当日に作らなければいけないもの以外は、
前日に全て作ることができますし、
工夫次第では、手間もかからなくなります。
人によっては、ご飯系以外は全て前日に
作るという方もいます。
家族の人数で大変さが変わってきますので、
絶対にこうしなければいけないというわけではなく
自分の時間にあった作り方をすると、
良いのではないでしょうか?

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA