おはぎとぼたもちの違いは?実はこんなにも違いがあった!?

秋のお彼岸には、『おはぎ』を作り、
春のお彼岸には、『ぼたもち』を作ります。
この二つは、一見同じに見えますが、
どのような違いがあるのでしょうか??
違いには諸説あり、地方によっても異なるようですが、
一般的には、名前が違うだけのようです。

おはぎとぼたもちを漢字にしてみると、
『お萩』『牡丹餅』となります。
これは、季節の花を表したもので、
秋には、『萩』に似せて作り、
萩

春には『牡丹』に似せて
牡丹
作ったものだとされています。
実際に『おはぎ』『ぼたもち』を見てみると、
花とあまりにてないように思えますが、
形と色を似せているようです。
小粒餡を花に似せています。
おはぎぼたもち
これが、一般的な説の『物としては同じ』説に
なります。

スポンサーリンク

物の見た目が違う説

販売しているお店や地域によって
ことなるのですが、見た目で違いを
つけているところもあります。

 大きさの違い
萩と牡丹の花は、牡丹の方が大きいため、
大きく作ったものをぼたもち
小ぶりで長めにしたものをおはぎ
としているところもあるようです。

 あんこの違い
おはぎはつぶあん
ぼたもちはこしあん
となっているところもあり、これには理由も
あるようです。
あんこの原料となる小豆の収穫が秋なので、
採れたての小豆はまだ皮が軟らかく
粒あんにすることができるのですが、
春になると、皮が硬くなってしまうため、
皮を取ってこしあんにしたそうです。
現在は、保存技術や品種改良技術が
発達したため、関係のない話になっていますが、
昔はこのような問題があったわけですね。

 きな粉とあんこの違い
おはぎがきな粉で、
ぼたもちがあんこという説があります。
しかし、両方ともあんこもきな粉も私のところでは
作りますし、落語にも
きな粉のぼた餅というものがあります。
おそらくこの説は、区別をつけるために
後から出てきたものではないかと思われます。

 お米の違い
もち米を多く使用するものが『ぼたもち』
うるち米を多く使用するものが『おはぎ』
と分けているところがあるようです。
また、米粒を残すか、半分潰すかの
違いがあるところもあったり、
完全について粒を無くしたものが
ぼたもちで、粒がまだ残っている状態の
ものをおはぎとする地方もあるようです。

夏にも冬にもおはぎがある

春と秋だけではなく、
おはぎは昔から年中食べられているものです。
ただし、名前は違うようです。
夏に食べるものは、『夜船』といいます。
これは、作り方から来ています。
おはぎは、ぺったんぺったんとつくものではなく、
すりこぎなどで潰していくため、音がしません。
隣の人も気づかないということで、
『搗き知らず』と言われるのに対し、
夜船も、静かに動くため、いつ着いたのか
わからない『着き知らず』
これをかけているのですね。

冬に食べるものは、『北窓』と呼ばれます。
作る際に音がしないため、『搗き知らず』
なのに対して、
北の窓は、月が見えないことから
『月知らず』であることから、『北窓』と
いう様になったそうです。

というように、結構むりくりな感じもありますが、
言葉で遊ぶという日本の良さがでている感じが
しますね。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA