手足口病の登園やプールはいつから可能?

手足口病が急増しています。
感染経路は、鼻水であったり、咳などをしたときの飛沫であったり、
排泄物などによる接触感染であったりと様々です。
これは、発病している最中はもちろんなんですが、
治ってからもウイルスを排出しているのです。
ウイルス

手足口病は、比較的軽い症状で済むことが多く、
すぐ治りますので、治ってすぐ登園し、
知らず知らずウイルスをまき散らしているという
事も原因となって、急増しているのではないかと
考えられます。

保育園や幼稚園も、実際に登園に関する
しっかりとした基準は、ないようで
発熱や水疱などの症状が著しく出ているとき
食事が摂れないときなどは休ませましょう。
というような感じなので、そういった症状が
出ていなければ、登園が可能となっている
ところも多いようです。

スポンサーリンク

実際は登園はいつから可能なのか?

これは、明確な基準がなく、同じ市町村なのに、
手足口病は治ってから数日間登園禁止にするところもあれば、
休まなくても良いとするところもあるなど、園によって異なります。
なので、園の登園基準を目安にされたり、園の先生に
聞くと良いかと思います。
また、病院にかかった際に医師に
聞いてみると良いかと思います。

結論として、手足口病は水疱瘡などと違い
重篤になりにくい病気のため、発熱や水疱などの
症状が出て、子供がしんどそうにしている場合は、
休ませて、治ったら登園しても良いというのが
一般的です。
気になる様でしたら、子供の発熱や水疱などの
しんどさが治まってから2~3日様子を見て
登園されると良いかと思いますが、
園の先生に確認はしてみてください。

手足口病後プールはいつから入れる?

一般的には、発疹が治まったらプールに
入っても良いそうです。
水疱がまだ枯れていないときには、
プールはもちろんですが、お風呂の湯船に
浸かるのはやめて、シャワーだけにしておいた方が
良いでしょう。
プールに関しても、園によって対応が
それぞれ違いますので、一度園に聞いてみるのも
良いかと思います。

お風呂はいつから入っても良いの?

熱が下がっていれば、シャワー程度なら大丈夫でしょう。
水疱がまだ、枯れていないときには、湯船は避けてください。
感染力がありますので、兄弟がいた場合はなおさらのことですが、
稀に大人にも感染しますので。
水疱が枯れていたら湯船にも使ってよいかと思います。

注意点
  • タオルの共有は避けてください。
  • 体を洗う際はゴシゴシとこすらないように
    してください。

予防策は?

手足口病は、発症してから唾液などの分泌物には
およそ2週間。排泄物などにはおよそ4週間ウイルスが
排出され続けるそうなので、手足口病が流行している期間は
手洗いとうがいを徹底してください。
これが一番の予防策です。他の予防策としては、栄養を摂って、よく寝て
免疫力を付けておくと良いかと思います。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA