香魚の読み方とは?

香魚の読み方は、ずばり『あゆ』です。

『あゆ』は、一文字で書くと、『鮎』と書きますが、
他にも、『年魚』や『銀口魚』『渓鰮』『細鱗魚』『国栖魚』
と、書いたりするようです。

アユだけでもこんなに漢字があるんですね。

『香魚』漢字の由来

では、なぜ『香魚』と書くようになったのでしょうか?

これは、単純に香りが良い魚だからという説と、
キュウリの香りがするからという説があります。

スポンサーリンク

確かに、アユはきゅうりを切ったときの匂いと少し似ている気もします。

アユは元をたどれば、『キュウリウオ目』の『キュウリウオ科』の『アユ亜科』
なんだそうです。きゅうりの香りがして当然なのかもしれません。

どちらにせよ、他の魚にはない独特の香りがするということで、
付けられたのでしょう。

『鮎』漢字の由来

鮎は『魚』へんに『占』と書きますが、これは奈良時代から使われていたようで、
当時は、ナマズのことをさしていました。これは、『粘る魚』から来たものと思われます。

現在の『鮎』が、『アユ』になったのは、室町時代とも平安時代とも言われており、
この漢字が使われるようになったのは、いくつか説があります。

アユは、縄張りを持っているため、その場を独占する『占める』という意味から『鮎』となったという説。

もう一つの説は、神功皇后がアユを釣り上げて、戦争の行方を占ったことから『鮎』となった。
という二つの説があります。

他の漢字の由来

『香魚』は、独特の香りがすることから、『鮎』は、縄張りを独占する、アユで占ったということから来ていますが、他の漢字にもちゃんと由来があります。

まず『銀口魚』ですが、泳いでいるときに口が銀色に光るということから来ているそうです。
他の魚でも、銀色に光ってそうですが、由来はこのようになっています。

次に『渓鰮』ですが、イワシに似ていることから『渓流のいわし』として、この漢字が使われているようです。

細鱗魚は、『鱗が小さい』ことから。
国栖魚は、奈良の地に住む人々『国栖』が、吉野川で獲れたアユを朝廷に献上していたことから。

という由来があるようです。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA