ぎっくり腰の治療!病院は何科?治療法は?

ぎっくり腰は、急性腰痛ともいわれ、
突然襲ってきます。
原因は、腰をかがめたときや重いものを
持ち上げようとしたときなどに起こりますが、
中には全く身に覚えがないのにぎっくり腰になる方もいます。
また、原因の中には、内臓や脊椎の病気が潜んでいる場合
ありますので注意が必要です。
ぎっくり腰
ぎっくり腰になった場合に、病院へ行こうと思っても、
たいていは身動きがとれないくらい痛みがあるかと思います。
中には一過性の軽度のぎっくり腰もありますが、
その場合は、あえて病院に行く必要はないかと思います。
身動きが取れない状態のときは、無理に動かず痛みのない楽な姿勢になり
安静にしておいた方が無難です。
動けるようになってから病院に向かいましょう。
それまでの間は、冷湿布を貼り様子を見るとよいかと思います。
どうしても、時間がなくて待っていられないときは、
コルセットやさらしを腰に巻いて、
できるだけ腰に負担がかからないようにして
病院に向かうと良いかと思います。

スポンサーリンク

病院の受診は必要?

ぎっくり腰になった場合、病院の受診は必要かどうかですが、
先にも述べたように一過性の軽度のものなら特に受診される必要は
ないかと思いますが、症状が重い場合
筋膜が傷ついたり、椎間板が傷ついたりする恐れがあり、
場合によってはヘルニアになる可能性もあるため、
病院へ受診された方がよいかと思います。
また、おしっこが出にくくなったときや、
足などにしびれを伴うときなども受診をお勧めします。

病院は何科?

ぎっくり腰は、何科?という決まりはありません。
みるべきところは何科なのではなく見てくれる先生です。
同じ科であっても、見る先生によっては考え方が違えば治療方針も
異なるからです。なので、口コミを見るのが一番です。
あえて何科に行くと良いかを言うと、
整形外科外科が良いかと思います。
また、整骨院カイロプラクティックに行かれるのも
一つの手かとは思います。

どこに行くにせよ、やはり先生が信頼できるかどうか
であると思います。

病院での治療法は?

ぎっくり腰の原因が分からない場合は、
レントゲンを撮ることがあります。
ぎっくり腰と思っていたのが実は骨折であったり
椎間板ヘルニアであったりすることがあるため、
レントゲンのある病院に行かれた方がよいでしょう。

必要に応じて以下の療法が取られます。
 骨盤けん引
骨盤を引っ張り、筋肉の緊張をほぐし、安静を保つため、
痛みを和らげます。

 装具療法
コルセットを装着し腰を固定することで、負担を軽減させます。
着用期間が長くなると、筋力が弱くなっていくため、痛みが
取れたらはずします。

 神経ブロック注射
局部麻酔剤を患部に注射して、マヒさせることにより
痛みを抑えます。
痛みが激しい場合に行われることがあります。

 温熱療法
ホットパックを患部に置いたり
サーモファーと呼ばれる温熱治療機を使用することによって
患部を温め痛みを緩和していきます。

 薬物療法
痛みを緩和させるために、消炎鎮痛剤を使用します。
座薬や内服薬、湿布(温・冷タイプ)があり、状況に合わせて
使用していきます。
また、筋肉や神経の代謝を良くするためにビタミン剤が
処方されることがあります。

ちなみにわたしの場合は、整形外科にいったのですが、
触診してもらい、処方されたのは湿布のみでした。
寝返り打つのも大変な状態になりましたが、
原因は、重いものを持ったときに筋肉が炎症を起こした
ということだそうです。

自宅で簡単にできるホットパック

温めることで筋肉の緊張を取り、症状を和らげてくれる
温熱療法。まずはこちらをご覧ください。

ここに出てくるホットパックですが、自宅でも代用して行うことができます。
それは、高分子吸収体を使うという方法です。
高分子吸収体は、子供や大人のおむつや生理用品などに含まれています。
これらを切って、中に入っている綿をほぐしながら、
チャックの付いたパックに入れていきます。
次に水を適量入れていきます。
空気を抜いてチャックを閉じたら完成。
あとは、電子レンジで2~3分ほど温めます。
表面温度が38~42℃になったら、患部において
温めてください。

終わりに

ぎっくり腰は、本当に突然やってきます。
症状の度合いはあると思いますが、まずは
安静にすることが大切です。
動けるくらいになったら、念のため病院に行き
診てもらいましょう。適切な治療を行なってくれるはずです。

ぎっくり腰は繰り返し起こる可能性があります。
原因にもよりますが、
重いものをもつときでだけでなく何かものを取る時は、
必ずいったん腰をおろして(中腰にならないように)取るように
気をつけましょう。
日ごろの注意が再発を防ぐことにつながります。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA