九州新幹線!みずほ さくら つばめの違いは?

九州新幹線は、博多から鹿児島中央間の鹿児島ルートと
博多から長崎間の長崎ルート(西九州ルート)に分かれています。
さて、九州新幹線には、『みずほ』『さくら』『つばめ』という名前の
新幹線がありますが、これらはどう違うのか?
気になった方も多いはず。
そこで、この3つの違いを調べてみました。
簡単に説明すると、

  • 九州新幹線『みずほ』 = 東海道新幹線『のぞみ』
  • 九州新幹線『さくら』 = 東海道新幹線『ひかり』
  • 九州新幹線『つばめ』 = 東海道新幹線『こだま』

このような認識で構いません。
言い換えると、
『各駅』『快速』『新快速』や
『普通』『急行』『特急』
このような違いと同じですね。

スポンサーリンク

つばめの停車駅

九州新幹線つばめ
停車駅は、
『博多』-『新鳥栖駅』-『久留米駅』-『筑後船小屋駅』-『新大牟田駅』-
『新玉名駅』-『熊本駅』-『新八代駅』-『新水俣駅』-『出水駅』-
『川内駅』-『鹿児島中央駅』
となっています。
こちらは、一般的な停車駅で、時間によっては
終点が途中の駅になることもあります。
なおつばめは、東海道新幹線には乗り上げていませんので、
完全に九州間を走る形になっています。
車両は、800系とN700系(8両編成)が使用されており、
つばめのみ車内販売はされていません。

さくらの停車駅

九州新幹線さくら
九州新幹線『さくら』は、停車パターンが複数あり
わかりづらいところがあります。
基本的な停車駅として、
『新大阪駅』-『新神戸駅』-『岡山駅』-『広島駅』-『小倉駅』-『博多駅』-
『熊本駅』-『川内駅』-『鹿児島中央駅』
上記に加えて、
『姫路駅』『福山駅』『徳島駅』『新山口駅』『新下関駅』
このうちいずれか1~4駅に停まりますが、通常は2駅に停まります。
また、『新鳥栖駅』『久留米駅』のうち1~2駅に停まりますが、
通常は1駅に停まります。

博多から発車するものは、熊本駅から鹿児島中央駅の間が
各駅停車になります。
『筑後船小屋駅』『新大牟田駅』『新玉名駅』のいずれかに停まる
ものもありますし、早朝や夜間ですと博多駅から熊本駅が
各駅停車になるものもありますので、
時刻表をしっかりと確認の上、乗車した方が良いかと思います。
列車はN700系(8両編成)と800系で運行されています。

みずほの停車駅

九州新幹線みずほ
九州新幹線『みずほ』の停車駅は、
『新大阪駅』-『新神戸駅』-『岡山駅』-『広島駅』-『小倉駅』-
『博多駅』-『熊本駅』-『鹿児島中央駅』
となっています。
ちなみに新大阪駅から鹿児島中央駅への最短時間は、
3時間45分となっています。

当初九州新幹線は、『つばめ』と『さくら』の2本でしたが、
『さくら』の停車駅が、増えるにつれ
もっと停車駅が絞られた列車が必要となり
『みずほ』が生まれたそうです。
『みずほ』は、N700系で運行されています。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA