インフルエンザの予防接種!副作用は出るのか?

毎年流行するインフルエンザ。
予防接種をすると、もしかかった場合でも
症状が軽くなるとして、皆さん予防接種をされています。
ですが、この予防接種には少なからず副作用があります。
その副作用とはどんなものか?見ていきましょう。
ウイルス

インフルエンザ予防接種における副作用(副反応)

日本のインフルエンザ予防接種は、
不活性化したウイルスを注射するというのが、
主流となっています。

スポンサーリンク

よく起こる副作用として、
ワクチンを接種した部分が、赤くなったり腫れたり
痛みを帯びることがあります。
また、場合によっては、かゆみを伴なったり、
湿疹、じんましんが出る場合もあります。
この副作用は、全体の10~20%の確率で起こります。
この反応は、2~3日程度で治まります。
通常は軽い反応で治まるのですが、
反応がひどい場合もあります。
その場合、腕が動かせなくなるくらい
腫れるという方も中にはおられたり、
39~42℃といった高熱が出る方もおられます。

全身の副反応としては、
発熱、さむけ、倦怠感(体のだるさ)、頭痛、関節痛、
咳、鼻水、鼻づまり、といったような風邪様の症状
出ることがあります。これは、全体の5~10%の確率で
起こります。
この反応は、2~3日程度で治まります。

副作用反応が強く出た場合

一部の人ですがこんな報告があります。
接種後数日から2週間以内に発熱や頭痛、
けいれん、運動障害や意識障害、などがあらわれる。
後半部分は稀な反応でしょうが、ちょっと怖いですね。
さらに、呼吸困難に陥ったり、ショックを起こしたりすることも
あるようです。

その他、ギランバレー症候群という手足の麻痺や末梢神経系の
炎症がおこることによって、様々な障害が起こる症状が出る場合が
あるようです。
喘息発作喘息の悪化を招く場合があったり、
アナフィラキシー反応が出る場合もあるようです。
これは、インフルエンザワクチンに、鶏の卵が使われているから
と言われています、ですので、卵アレルギーのある方は、
注意が必要です。
卵
重篤な副反応を一覧にしてみると

  • アナフィラキシー反応
  • けいれん
  • 脳炎・脳症
  • じんましん
  • じんましん以外の全身の発疹
  • 39℃以上の発熱
  • 急性散在性脳脊髄炎
  • ギランバレー症候群
  • 神経障害
  • 運動障害
  • 肝機能の異常
  • 血管迷走神経反応
  • 喘息発作、喘息の悪化
  • 肘を超える局所の異常な腫れ
  • 血小板減少性紫斑病

という副反応が一部の人に見られました。
これらは、非常に稀なケースでしょうが、
実際に報告のあった事例です。
稀と言っても、これだけの重篤な症状を並べると
結構怖いですよね。
毎年多くの方が、予防接種をされて
特に副反応がでない方の方が圧倒的に多く、
実際にインフルエンザに罹ったときに症状が
軽く済んだという方もおられます。
ですが、一部の人に重篤な副反応があらわれているという
事実を知っておくに越したことはないでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA