インフルエンザ予防接種の料金!大人と子供では?安い方が良い?

毎年流行するインフルエンザ。その前に予防接種をして
対策される方も多いかと思います。
そこで、インフルエンザ予防接種の料金はどれくらいなのか?
調べてみましたが、市町村や病院によって料金が
異なるようです。
予防接種
一般的に大人の予防接種は、3000円~4000円といったところです。
ですが、4000円となると金額的に高い感じがします。
病院によっては、1000円で接種できるところもあるようです。
全国の料金を平均してみると、3066円となりますので、
これを目安に病院を探されると良いかと思います。

スポンサーリンク

子どもの予防接種の料金

大人と子供では、インフルエンザ予防接種の料金が
異なります。
子どもの予防接種は、2回打つ必要があるため、
大人と料金が若干異なります。
一般的には、1回目は2000円~3000円という病院が
多く、2回目は1回目より料金が安くなる病院が多いようです。
中には、2回目は無料にする病院も少なからずあるようです。

なぜ料金が違うのか?

料金の違いは、メーカーの違いや
成分の違い、仕入れ価格などがありますが、
多くの場合は病院の経営方針で変わってくるようです。
病院
予防接種は自由診療となるため、自由に値段を設定できるため、
安くで提供して多くの患者さんを自分の病院に誘うという
手段としているところもあるようです。
もちろんそればかりではなく、
子どもの接種の2回目を安くしたり無料にするところは、
宣伝もあるでしょうが、2回目をしっかりと
受けてほしいという病院側の気持ちもあるでしょう。

成分の違いと書きましたが、
これはワクチンに含まれる防腐剤などを
使用していないワクチンがあり、
より安全性を重視するために、置いてある病院もあります。
防腐剤を使用していないワクチンは含まれている物よりも
料金が高くなります。

防腐剤の使用有無というのはありますが、
一般的に料金が安いからといって、
中身が違うというわけではありません。
どれも一緒のもので、効果も同じと考えてよいです。
なので、自宅から行きやすい場所や、
かかりつけの病院などを考慮したうえで
安いところがあれば、安い病院を選ぶと良いでしょう。

インフルエンザワクチンの原価は?

1回あたりのワクチンの製造原価は、およそ350円です。
いろんな業者を経て、医療機関に入ってくるころには、
およそ1000円となっています。
それを、平均で3000円程度で接種する形になります。
ここで、医療機関は2000円のプラスになりそうですが、
医療機関側は、医者などの人件費や注射器などのコストも
あるため、さほど儲けてはいないでしょう。
1000円などの低価格で料金設定しているところは、
赤字で提供していることになります。

まとめ

予防接種料金は、

  • 大人で3000円前後
  • 子供で3000~4000円(2回の料金)
  • 地方によって料金に差がある
  • 防腐剤の含まれていないものは高くなる
  • 料金は、病院側が自由に設定できる
  • 安いからといって効果が違うことはない

という感じです。
インフルエンザの流行時期は12月~3月です。
ですので、インフルエンザの予防接種は
11月~12月中旬までにしておくことが望ましいです。
また、過去には予防接種の在庫がなくなり
受けたくても受けれないということもありましたので、
予防接種をお考えの方は、早めに行動した方が
良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA