インフルエンザ後登園はいつから?許可証はいるの?

インフルエンザのつらい症状を乗り越えて治った!
でも、登園っているからできるの?
と疑問に思った方は多いはず。
インフルエンザ発症後、最低5日間かつ解熱後3日間が経過するまでは、
登園してはならないとされています。
この文面を見ると、薬などの服用によりたとえ症状が治ったとしても、
守る必要があります。
ではなぜインフルエンザが治ったとしても、登園できないのでしょうか?
登園

インフルエンザが治ってもなぜ登園できないのか?

薬などの服用で、症状がピタっと治まることがあります。
この場合、治ったと思っても、体の中にはウイルスがいる状態です。
ちょっと咳をするだけでもウイルスは、ばら撒かれます。
ですので、熱が下がっても登園することはできません。
以前は、『解熱後2日間』とされていたのですが、
これだと、まだウイルスを保有している人が多く、
また、薬で抑えられたものと区別もつきにくかったため、
上記の最低5日間かつ解熱後3日間が経過に改められたようです。

スポンサーリンク

登園許可証は必要?

これは園にもよると思いますが、多くの場合は、
登園許可証が必要となります。
登園許可証が不必要な場合でも、
登園後、インフルエンザが蔓延したとなれば、
インフルエンザを発症していた子供が疑われる
という可能性がありますので、登園許可証は
もらっておいた方が無難のようです。

登園許可証ってどうやってもらうの?

登園許可証は、病院でもらうか、
園で用意されているのなら、園でもらいましょう。
病院のものですが例で挙げると、このような感じになります。
登園許可証
園で用意されているものは、
園によってはインターネットでダウンロードできる
ところもあるようです。
園で用意されていないのであれば、
かかりつけの医師に『登園許可証』が欲しい旨を
伝えてください。

登園許可証をもらう際の診察は、
一般的な聴診器で胸の音を聞く
問診、のどを見るくらいの診察で、
特別な検査などはされません。

許可証を書いてもらうには、
病院によって無料のところもあれば、
有料のところもあります。
500円払うところや1000円払うところ、
高いところですと、2000円払わなければ
いけないところ、中には5000円というところも
あると聞いたことがあります。

まとめ

インフルエンザは、早く治ったとしても
ウイルスを保有している可能性があるため、
最低5日間かつ解熱してから3日間は、我慢してください。
登園許可証も今後のことを考えると、
例え有料であったとしても、もらっておいた方が
無難であると考えます。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA