インフルエンザの予防接種は妊婦でも大丈夫なの?

インフルエンザが流行する季節。
妊婦の方は予防接種しても良いものなのか、
お腹の赤ちゃんに何か影響はないのか、
気になる方多いんじゃないでしょうか?
結論から言うと、妊娠中にインフルエンザの
予防接種を行なっても問題ありません。
妊婦

なぜ問題ないのか?

まず、予防接種で使用されるワクチンは、
ウイルスを不活性化したものを使用しています。
つまり病気を起こす力を取り除いたウイルスです。
しかも、接種する量は0.5mlと微量ですので、
赤ちゃんに影響が出るということはありません。

気になるのは、防腐剤が入っているワクチンですが、
これも微量なので特に問題はありません。
防腐剤には、エチル水銀に由来するチメロサールという成分が
使用されています。
ですが、量からするとマグロの刺身1切れ分の1/10ほどしか
含まれていません。
ですので、特に気にされる必要はありません。
どうしても気になるというのでしたら、
妊婦用と言われる防腐剤の含まれていない
ワクチンもありますので、そちらを接種することができます。

スポンサーリンク

妊娠初期でも大丈夫?

妊娠初期は安静にしなければならない時期。
この時期にインフルエンザの予防接種を行うのは大丈夫なのか
どうかですが、これは、かかりつけの医師の判断にゆだねられると思います。
アメリカでは、妊娠初期の方の予防接種は
安全であるものとし推奨しています。
ですが、日本ではアメリカほどの統計がだせていないということと、
安静にしておかなければいけない時期でなのか
医者によって見解が分かれるようです。
欧州では、妊婦と持病を持っている人は
優先的にインフルエンザ予防接種をするそうです。
これらを見ると、妊娠初期であったとしても、
問題はないかと思います。
むしろインフルエンザにかかったときに
母体も退治も大変な思いをしますし、
飲める薬も限られてきますので、
予防接種はすべきであると思います。
しかし、受ける際は医師の意見をしっかりと聞いてくださいね。

臨月の場合は接種しても良いのか?

臨月の場合の予防接種は、やはり医師の見解は
わかれるようです。
なので、うつかうたないかは、医師の判断もしくは
自己判断となります。私的見解としては、
海外では安全性が認められていることと、
出産後インフルエンザにかかった場合、新生児にも
うつる可能性があるため、予防接種は受けておいた方が
良いかと思います。

結論

結論としては、妊婦は妊娠何週目に関わらず
受けておいた方が良いが、医師の判断はわかれ、
また自己判断となることもあるということです。
予防接種を受けられる際は、
防腐剤の入っていないワクチンもありますので、
気になる方は検討されると良いかもしれません。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA