インフルエンザ予防接種は風邪をひいてるときでも打てる?

インフルエンザの予防接種は、
風邪をひいているときでも受けることができるのか?
と予防接種時期が近くなると
心配される方も多いと思います。
結論から言うと、うつことは可能ですが、
熱が37.5度を超える場合は、基本的に
接種はできません。
風邪
一般的には医者の判断により
うつかどうか決まりますので、
厳密に37.5度を超えなければ打てるというわけではありません。
微熱であったとしても接種を控える医師もいますし、
咳が出ていたらダメという医師もいます。
その症状の原因にもよりますが、
基本的には、明らかに風邪様の症状が出ていない限りは
予防接種を受けることができます。

スポンサーリンク

ちょっと風邪気味だなと思った時は?

先ほども書きましたが、医師の判断によって
異なりますので、予防接種を希望される方は、
病院に行ってみましょう。
予防接種前に問診票の記入があると思いますので、
そこに具体的に記入をし、なおかつ医師に相談されることを
おすすめします。

なぜ風邪様の症状があるときに受けれないのか?

発熱や咳などの風邪様の症状が出ている状態のときは、
免疫力が低下しています。
免疫力が低下している状態で予防接種を行なっても、
思う様に抗体がつくられにくいことがあります。
つまり効果が出にくいということです。
医師たちの考え方や見解によってさじ加減は変わりますので、
接種できる状態が医師により変わるのです。

どうしても予防接種が受けたいときは受けれるのか?

厚生労働省のガイドラインでは、

  • 明らかな発熱を呈している場合(37.5度を超える)
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな場合
  • 予防接種の成分によりアナフィラキシーショックを起こしたことがある場合
  • 予防接種を受けることが不適当な状態になる場合

とされています。
ですので、これに該当しない場合、
医師にどうしても接種したいことを伝えれば、
医師の判断にもよりますが、接種できるかもしれません。
どうしても予防接種を受ける日が限定されてしまう方は、
医師にその旨を伝えてみてください。
健康な状態で予防接種を受けることは望ましいですが、
接種しないよりは、接種した方がたとえ効果が低下したとしても
ましではないかなと思います。

まとめ

風邪様の症状が出ているときにインフルエンザの予防接種が
うてるかどうかについては、
医師の判断により変わる場合もありますし、
どうしても日にちが取れない場合は
その旨を伝えれば理解してくれることもありますので、
相談してみましょう。
ですが、明らかに風邪で37.5度を超えている場合は
残念ながら接種は無理なので症状が治まってからになります。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA