インフルエンザの薬!リレンザの効果や副作用について

インフルエンザの薬にリレンザという薬があります。
この薬は、吸入タイプで
1日に2回計20mg(1回10mg)を吸入します。
リレンザは、予防薬としても使用することができ、
その場合は、1日に1回計10mgの吸入で良いです。
使用方法はこちらをご覧ください。

専用の吸入器にブリスターと呼ばれる粉上の薬が入ったディスクを
セットして、穴をあけて吸引します。
治療として使用する場合、このブリスターを1回に2個使用。
それを1日に2回行い、5日間服用します。

リレンザの効果とは?

リレンザは、インフルエンザ発症後48時間以内に
服用すると、症状を1.5日短縮されるという報告があるようです。
A型とB型のインフルエンザに効果がありますが、
C型には効果がないそうです。
A型に関しては、新薬のイナビルと効果は大差がありませんが、
B型に関しては、リレンザの方が、早く効果があらわれることが
確認されています。

スポンサーリンク

リレンザのメリットとは?

メリットとしては、

  • まだ耐性ウイルスがあらわれていないため、効果が大きい
  • 子供も使用できる
  • 予防として使用できる

といったことがあげられます。
子供への使用は、タミフルとイナビルもそうなのですが、
タミフルは、10歳代の使用制限があります。
イナビルは、予防としての使用はされていないようなので、
その点において、2つカバーしているのは、
リレンザのメリットと言えるでしょう。

逆にデメリットといえば、
1日に2回の吸入、それを5日間続けないと
いけないというところでしょうか。
考え方によっては、毎日吸入するので、
1回で済むイナビルと比べ、
薬を服用している安心感が得られるという
メリットにもなりえますが。

リレンザの副作用は?

主な副作用としては、下痢や吐き気、嘔吐、
発疹、嗅覚障害などがみられる場合があります。
主な副作用といっても、個人差もあるかと思いますが、
確率的には0.1%~2%程度ということなので、
あまり気にすることもないかと思います。
万が一これらの副作用が出た場合は、
一度医師に相談してみてください。

重篤な副作用としては、
呼吸困難、皮膚の赤み、痛み、
アナフィラキシー様の症状、痙攣、
気管支の異変、失神、ショック症状
などがあげられます。
滅多に出ることはありませんが、
このような症状が出た場合は、
一刻を争う場合もありますので、
すぐに受診されることをお勧めします。
場合によっては、救急車を呼ぶ必要もあるかと思います。

異常行動について

リレンザ服用と異常行動による因果関係は
確認されていません。
他のサイトでリレンザを服用して異常行動が起きたと
書いているサイトもありますが、
高熱によって異常行動があらわれた可能性が高いようです。
抗インフルエンザ薬を使用しなくても、
高熱によって異常行動がみられる方が
実際にいますので、リレンザが原因とは
言いにくいところがあります。
といっても、リレンザの服用による
子供の異常行動が全く起こらない
という確認もされていませんので、
使用後2日間程度は、
しっかりと親が見守る必要があります。

授乳中や妊娠中の服用は大丈夫?

授乳中の場合のリレンザの服用は、
OKを出す医師が多くいるようです。
ですが、医師によっては
授乳をストップさせることもあるようです。
おそらくは、授乳で赤ちゃんに薬の成分が
いくことよりも、赤ちゃんにインフルエンザが
うつることや、母親のインフルエンザが長引くことの方が
リスクがあると考える医者が多いからだと思います。
授乳中の場合は、しっかりと医師に相談しましょう。

妊娠中の場合の服用は、
問題ないとされています。
リレンザは、血中に移行する量がごくわずかで、
口に残ったものを飲みこんだとしても、
血中にはほとんど移行しないため、退治には
影響がないと言われています。
処方するのは医師なので、医師に相談すると
良いでしょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA