結露が窓に起こる原因!冬の対策とは?

冬になると、窓に結露が出て困りますよね?
なぜ結露が発生するのでしょうか?
その原因について徹底的に調べてみました!
結露

結露の仕組み

結露は、窓だけにできるものではなく、
例えばメガネをかけた人が、寒いところから
暖かい場所に入ったときに曇ったりしますよね?
これも結露ですし、
夏に麦茶などを入れているコップに水滴が付くのも
結露です。
結露は空気中の水分量と温度差が関係しています。
空気が暖かいと水分は水蒸気(気体)として保っていられるのですが、
空気が冷たくなると水蒸気は気体として保つことができなくなります。
気体として保てなくなった水蒸気は、水滴(液体)へと変わります。
この水滴が結露の原因となります。

スポンサーリンク

なぜ水蒸気として保てなくなるの?

暖かい空気は、水蒸気をたくさん持つことができるのですが、
空気が冷たくなると、水蒸気を持つ量が制限されます。
ですので空気からこぼれた水蒸気は液体へと変わるのです。
空気と水蒸気
この図は、空気に手があるとイメージしたもので、
実際はこのような感じではないのですが、
わかりやすく説明すると、暖かい空気は手がいっぱいあって、
冷たい空気は手があまりない。と考えるとわかりやすいかと思います。

つまり

暖められた室内の水蒸気をいっぱい持てる暖かい空気が、
窓近くに行くと、急に温度が低下しますので、
空気が冷やされて、冷たい空気へと変わります。
冷たい空気は、水蒸気を持つ手が減ってしまいますので、
手から溢れた水蒸気が水滴へと変わり、窓に結露という形で
付着するのです。

メガネが曇るのも同じ原理ですね。
寒いところにいると、メガネも冷えます。
メガネが冷えている状態で、暖かいところに入ると、
メガネで空気が冷やされて、曇ってしまうというわけです。

窓に結露が出来る原因

窓に結露ができる原因は、

  • 外が寒いため窓が冷やされる
  • 窓よりも部屋の温度が暖かい

これらのことが重なって、水蒸気として保てなくなる
ということが原因となっているのです。

結露対策は?

原理がわかれば対策もとれるかと思います。
部屋の温度よりも窓が冷たいことが原因となっている
わけですから、温度を同じにすれば良いのです。
方法としては、

  • 部屋を暖めない(換気をする)
  • 窓を部屋と同じかそれ以上の温度にする
  • 部屋の除湿を行う
  • 湿度をあげる原因を除去する

といったことが考えられます。
部屋をこまめに換気することで、結露対策になるのですが、
窓を閉めると、外と中では温度差がどうしても出てきます。
ですので、あまり効果的とは言えないかなと思います。
次に、窓の温度を調節するという方法ですが、
断熱シートや窓用の結露防止ヒーターなどが
良い働きをしてくれます。
特に結露防止ヒーターは、窓を温めますので
結露はほぼ防止してくれますよ。
⇒楽天で結露防止ヒーター一覧を見てみる

人がいる部屋が温まると、湿度は高くなります。
ですので、除湿器などで部屋の除湿を行なうことで
ある程度結露を防ぐことができます。
ですが、完全ではないので、結露防止の一部と考えた方が
良いでしょう。

湿度をあげる原因となるものは、
例えば、観葉植物など水気の多い物が原因となります。
余り知られていないのが、暖房でも、
石油を使用した暖房器具やガスを使用した暖房器具は、
湿度を高めます。
ですので、結露を抑えたい場合は、これらを使用せずに、
エアコンや電気などの暖房器具を使うことによって
対処することができるかと思います。

結露を放っておくと・・・

結露を放っておくと、カビの原因や
木の腐敗の原因にもなりますし、
カビを餌として増殖するダニや菌などの
発生にもつながります。
しいては、喘息や鼻炎などの健康被害も出る可能性があります。
ですので、結露はそのままにしておかず、何か出来る事から
対策を始めていきましょう。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA