耳垢が湿っている原因!耳掃除の方法とは?

耳垢がいつも湿っているといっても、
度合は様々です。
ちょっと湿っているな~という人もいれば、
べたべたと粘性のある耳垢の人もいますし、
耳から流れ出てしまうほど低粘土の人もいます。
では、なぜ耳垢が湿ってしまうのか?
原因を見ていきます。
耳

耳垢が湿っている原因とは?

耳垢が湿るのは、耳の中にアポクリン腺が
比較的多い人が湿る傾向にあります。
※アポクリン腺とは、汗が出る汗腺の種類
また、アポクリン腺の活動状態によっても、
耳垢が湿ります。
耳の中の汗が多すぎると粘性が緩くなり
水溶性のような耳垢になりますし、
汗が若干多いと粘性がのある耳垢になります。
耳の中に汗をかかなければ、乾性耳垢となります。

スポンサーリンク

アポクリン腺の量は遺伝によって決まる?

アポクリン腺の量は個人差があります。
その量は遺伝によって決まります。
日本人の場合ですと、おおよそですが
100人に16人が耳垢が湿っているそうです。
ちなみに黒人や白人は、90%以上の人が
耳垢が湿っていると言われていますし、
お隣の中国(北部)や韓国では耳垢が湿っている人が
わずか5%前後と言われています。
というように遺伝的な部分が非常に多いのです。

年齢によって汗の量が変わる

年齢によってアポクリン腺の活動状態は変化します。
ですので、活動的な時は耳垢が湿りますし、
活動が低下状態にあるときは、耳垢は乾燥します。
つまり、同じ人でも耳垢が湿っている時期があれば
乾いている時期もあるのです。
アポクリン腺の活動は第二次性徴を境に変化するので、
成長期には活動性が高いため耳垢が湿りやすいし、
成長期を過ぎると汗の分泌量は低下するため、
耳垢が乾く人が多くなる傾向になるようです。

ずっと湿っている方は?
アポクリン腺の量によって
成長期を過ぎてもずっと湿っている人もいれば、
ずっと乾いている人もいます。

また、高齢になると耳垢は粘性になる傾向にあります。

湿った耳垢の耳掃除の仕方

耳垢が湿っている場合は、耳かきではなく
綿棒を使って掃除する方がキレイに取れることが多いです。
ですが、耳垢の粘性にもよるので、状態に合わせて
例えば、耳かきである程度書き出してから
綿棒で仕上げを行う
など工夫するようにしましょう。
綿棒は、大きさや形が異なります。
綿部分がぼこぼこしたものなど様々なですが、
こちらの綿棒がおすすめです。

[楽天]プロフェッショナルイヤークリーナー
耳かきタイプの綿棒とぼこぼことした綿棒が
一緒になっており、上記で紹介した
工夫に適していますし、ローションも付いているため
かなり耳の中がキレイになりますよ!

気を付けなければいけないことは、
耳奥の耳垢をとろうとして、耳垢が奥に入っていくことです。
耳垢が奥に入っていくと、場合によっては
中耳炎になることもあります。

耳垢は、外部のホコリや皮ふがはがれたものからできており、
皮膚がはがれると、耳の構造上外側に出る様になっています。
ですので、基本的には奥の方に耳垢が
溜まることはありませんので、耳掃除は見える範囲内を
掃除すれば良いです。
麺棒を使われる際は、突っ込みすぎないよう届く範囲を掃除します。
綿棒は、耳の大きさに合わせた
耳かきを使用する際は、奥に突っ込まないように意識して
耳掃除を行なってください。

耳掃除の頻度

耳掃除は、1か月に一度、1週間に一度、毎日など
人によりますが、本来は自然と外に出る物なので、
頻回にしなくても良いです。
頻回に耳掃除をしていると、耳の中が傷つく可能性が
高くなり、外耳炎になりますので、注意しましょう。
耳垢には役割があります。
耳垢は酸性なので殺菌作用があり、
また、脂肪分も含まれているので
耳の中を保護するという役割があります。
ですので、耳垢をとり過ぎるというのは、
耳の中の防衛機能を取り除くことにもなります。
こういったことからも、耳掃除は
頻回に行なわないようにした方が良いでしょう。
どうしても耳掃除を自分で行うことが苦手・怖い場合は
耳鼻科で耳掃除のみを行なってもらうこともできますで、
耳鼻科に行って取ってもらいましょう。

まとめ

耳垢が湿っている原因をまとめると、

  • 耳垢が湿っているのはアポクリン線量に関係している
  • アポクリン腺量は、遺伝に関係している
  • 同じ人であっても、アポクリン腺の活動状況が変化する
  • 成長期は、耳垢が湿りやすい
  • 第二次性徴以降は、耳垢は乾燥しやすい
  • 高齢になると耳垢の粘性が増す

このようになります。
次に耳掃除の仕方をまとめると、

  • 湿っている耳垢の場合は、綿棒が向いている
  • 耳垢の状態によっては、耳かきで書きだしてから
    仕上げを綿棒で行うと良い場合もある。
  • 耳掃除は見えている範囲だけで良い
  • 耳垢を耳の奥に押すと場合によっては中耳炎になる
  • 耳掃除は、こまめにしない方が良い
  • 耳掃除をしすぎると、表皮を傷つけ外耳炎になる場合がある
  • 耳鼻科で耳掃除のみ行える

このようになります。
耳垢は湿っていても特に問題はありません。
耳掃除をする際は処々注意する点がありますので、
気を付けてくださいね。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


5件のコメント

  • まも

    汗腺が原因と知り安心いたしました。頭をすこし傾けてタオルで何度も耳穴をふいていた母のすがたが思い出されます。遺伝なんだなって。ありがとうございました。

  • ケイ素

    ”耳垢が乾く人が多いが多くなります。”
    が誤字です.

    • 管理人

      管理人です。
      ご指摘ありがとうございます^^
      修正させていただきました。

  • 炭素

    アポクリン線は放射能ですか?

    根本的に誤字してます。

    「アポクリン腺」です。

    記事が誤字だらけだと信頼感薄れます。

    • 管理人

      ご指摘ありがとうございます。
      修正させていただきました。

コメントを残す




CAPTCHA