昆布巻きのカロリー!おせち料理のヘルシー食品

おせち料理は、案外カロリーの高い物が多く、
食べ過ぎると、正月太りの仲間入り!
ということにもなりかねません。
おせち料理には欠かせない昆布巻きですが、
カロリーはどれくらいあるのか?見ていきましょう。
昆布巻き

昆布巻きの中に鮭やニシンなど入っていないものは、
1切れでおよそ10kCal~15kCalとなります。
おせち料理で昆布巻きは、ダイエットの味方と言えます。

昆布巻きはダイエットに良いもう一つの理由

昆布巻きは比較的低カロリーとなるため、
多少多めに食べても、特に問題はありません。
さらに昆布巻きは食べる順番によって、
ダイエット効果を発揮してくれる食材でもあるのです。

その順番は、最初に食べることです。
低カロリーのものを最初に食べることによって、
満腹中枢を刺激して総カロリーを減らすことができます。
それだけでなく、昆布巻きはたんぱく質でも炭水化物でも
ありません。原料は海藻で、食物繊維の豊富な食材です。
これらを最初に食べることによって、
後から食べる、たんぱく質や炭水化物を食べたときの
インスリン分泌量を抑えることができるのです。

食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるため、
インスリンがたくさん分泌されるということを防いでくれます。
炭水化物などを先に食べてしまうと、血糖値が一気にあがり、
インスリンもたくさん分泌されます。インスリンが分泌されれば、
血糖値が下がるため、満腹感が得られにくくなり、
ついつい食べ過ぎ、あるいは物足りないという感覚に
襲われます。
このことが昆布巻きを最初に食べた方が良い理由となります。

スポンサーリンク

おせち料理は、どの順番で食べたら良いの?

食物繊維から先に食べた方が良いことがわかりました。
おせち料理には、昆布巻き以外にも食物繊維が豊富な食材が
たくさん入っています。
酢レンコンや煮しめの野菜、なます、たたき牛蒡、くわいなどなど。
これらを食べた後に、タイやエビ、たづくり、数の子、かまぼこ
などのたんぱく質を食べます。
最後に、煮豆や栗きんとんなどの炭水化物を食べると
血糖値は緩やかに上昇しますので、
インスリンの分泌量を抑えられ、少量でも満腹感が
得られます。

食物繊維 ⇒ たんぱく質 ⇒ 炭水化物

昆布巻きに鮭やニシンなどが入っていたら、要注意

昆布巻きの中には、昆布の中に鮭やニシンなど
巻かれているものがあります。
鮭やニシンなどたんぱく質を最初に食べると、
血糖値が上がりやすいため、要注意です。
また、鮭やニシンなどを入れると、それだけでカロリーは、
50kCalを越えてきます。
ですので、昆布の中にたんぱく質系が巻かれているものは、
たんぱく質と同じ扱いになりますので、
食べるとしたら、食物繊維を食べた後にした方がよいでしょう。

まとめ

昆布巻きは低カロリー食品ということと、食物繊維のため
最初に食べることによって、満腹感を感じやすいということ、
血糖値が緩やかに上昇するというダイエットにとって
強い味方ともいえる食品です。
ただし、昆布の中に何もまかれていないものに限ります。
食べる順番をしっかりと把握し実行することによって、
正月太りはある程度解消されるでしょう。
ただし、食べ過ぎには注意してくださいね。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク


コメントを残す




CAPTCHA