コーヒーと緑茶のカフェイン!どっちが多いの?

カフェインは、眠れなくなったり
授乳中や妊娠中に摂り過ぎると影響が出る
と言われています。
カフェインに気を遣われている人は、
コーヒーと緑茶ではどちらが多いのか気になるはず!
そこで、緑茶とコーヒーのカフェイン量を各メーカーの
含有量も添えて徹底的に調べてみました。

コーヒーのカフェイン量は?

コーヒー
コーヒーにはインスタントやドリップ、缶コーヒーなど
様々な種類があり、それぞれカフェイン量が異なります。

  • インスタントコーヒー 150ml中/65mg
  • ドリップコーヒー 150ml/100mg
  • 缶コーヒー 1本中/60~150mg程度

という感じになっています。
缶コーヒーについては、メーカーによって
カフェイン量が60mg程度のものもあれば、
150mg近く、あるいはそれ以上のものもありましたので、
かなりの差があるようです。
ちなみに、キリン ファイア 挽きたて微糖では136.8mg
ボス 贅沢微糖では111mg
ボス レインボーマウンテンブレンドでは148mg
カフェインが含まれています。 「コーヒーと緑茶のカフェイン!どっちが多いの?」の続きを読む…

レッドブルの副作用は?妊婦や授乳中でも大丈夫?

翼を授けようのCMでおなじみのレッドブル
現在1本200円(185ml)という栄養ドリンクなみのお値段で
販売されているが、医薬品でもなければ、
医薬部外品でもない清涼飲料水として販売されています。
オロナミンCなどと一緒の扱いです。
レッドブル
自動販売機で売ってるし、
疲れたときなんか購入して飲んだりしますよね。
少々お高いのが玉にきずですがw 「レッドブルの副作用は?妊婦や授乳中でも大丈夫?」の続きを読む…

インフルエンザの予防接種!副作用は出るのか?

毎年流行するインフルエンザ。
予防接種をすると、もしかかった場合でも
症状が軽くなるとして、皆さん予防接種をされています。
ですが、この予防接種には少なからず副作用があります。
その副作用とはどんなものか?見ていきましょう。
ウイルス

インフルエンザ予防接種における副作用(副反応)

日本のインフルエンザ予防接種は、
不活性化したウイルスを注射するというのが、
主流となっています。 「インフルエンザの予防接種!副作用は出るのか?」の続きを読む…

オロナミンCに副作用はあるの?過剰摂取に要注意!

オロナミンCは、ジュース感覚で飲める
栄養ドリンクとも言われていますが、副作用はあるのでしょうか?
副作用があるのかどうか知るために、まず成分を見ていきます。
オロナミンC

オロナミンCの成分

糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、ハチミツ、食塩、香料、
ビタミンC、クエン酸、カフェイン、ナイアシンアミド、ビタミンB6、
ビタミンB2、溶性ビタミンP、イソロイシン、トレオニン、
フェニルアラニン、グルタミン酸Na

栄養成分は、以下のようになっています。
オロナミンC1本(120mgあたり)

  • エネルギー:79kcal
  • たんぱく質:0g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:19g
  • ナトリウム1〜3mg
  • ビタミンB2:2.4mg
  • ビタミンB6:6mg
  • ナイアシン:12mg
  • ビタミンC:220mg

となっています。
オロナミンCを飲み副作用があらわれるということは
基本的にはありません。
ただし、これを過剰摂取すると話は変わってきます。 「オロナミンCに副作用はあるの?過剰摂取に要注意!」の続きを読む…

栄養ドリンクの副作用ってどんな症状が出る??

体が疲れたときや、頑張らなきゃいけない大切な日に
飲む栄養ドリンクですが、飲み過ぎた場合や、
身体に合わなかった場合、副作用が出ることがあります。

眠れなくなる

栄養ドリンクには、カフェインがおよそ50mgほど含まれています。
これは、インスタントコーヒー1杯分くらいの量です。
人によっては、カフェインの作用により眠れなくなることがあります。
また、眠れたとしてもちゃんとした睡眠が摂れないことがあります。
なので、栄養ドリンクを夜飲むのは好ましくありません。 「栄養ドリンクの副作用ってどんな症状が出る??」の続きを読む…

ロタウイルスの予防接種!費用や副作用について!

毎年猛威を振るうロタウイルス。
高熱と激しい下痢、激しい嘔吐に見舞われ、
下痢は10日ほど続きます。また、嘔吐は2~3日続きます。

6か月から2歳までの子供は1度はかかってしまうと
言われているため、小児仮性コレラとも呼ばれています。
脱水症に陥ることもありますし、
合併症として脳炎や脳症になることもあるので、
注意が必要です。
泣く子供

ロタウイルス予防接種期間は?

ロタウイルスには予防接種がありますが、
予防接種は、時期が限られています。
2回接種のものと、3回接種のものとがありますが、
どちらも生後6週から受けることができますが、
生ワクチンのため、4週間は他のワクチンも含めて、
ワクチンをうつことはできません。

生後2か月から受けられるヒブや小児用肺炎球菌などの
予防接種と一緒に受けることを考えると、
ロタウイルスの予防接種は、生後2か月に他のワクチンと同時に
受けることがおススメです。
万が一それができないようであれば、遅くても、生後3か月半すぎである
生後14週と6日までに初回予防接種を受けるようにしましょう。 「ロタウイルスの予防接種!費用や副作用について!」の続きを読む…