蚊の漢字の由来とは?

『蚊』という漢字が使われるようになったのは、諸説あります。
有力な説として、『蚊』は『ぶん』と呼びます。

『か』が飛ぶ音が『ブーン』という風に聞こえる事から
この漢字が使われるようになったという説です。

『蚊』という字は、もともと中国から来た字で、
現在中国では『蚊』を『ウェン(wen)』と読むそうです。
中国の人にとっては、蚊の羽音は、『we-n(ウーン)』と聞こえるそうです。

ですが、これだと説が新しすぎるため、もう少し掘り下げてみてみると、
『ウェン(wen)』と読むのは、現代中国語で昔は、『蚊』を『ブン』と呼ばれていたという
説があります。これは、現代の中国語と過去の中国語で読み方が変化したと思われます。 「蚊の漢字の由来とは?」の続きを読む…

蚊が血を吸っている最中に潰してはいけない!そのタイミングは?

夏になると、ぷ~んと飛んできて、なぜか耳元を飛び回る『蚊』!
血を吸われると、かゆみを伴って、不快感も相当なものです。

皆さんは、蚊が血を吸っているときに叩いてつぶしたことはありませんか?
実はこのタイミングでつぶすのは、あまり良いタイミングとは言えません。

なぜかというと、『蚊』は、私たちの血を吸うために、皮膚に針(口)を突き刺して、
血液の吸引を簡単にするため様々なたんぱく質を含んだ唾液を注入します。

その結果として、アレルギー反応であったり、
血管が拡張することによって、かゆみを生じます。

ただし、蚊が血を吸い終われば、再びこの唾液は蚊の体内に戻っていきます。
つまり、さほど痒くならないということです。 「蚊が血を吸っている最中に潰してはいけない!そのタイミングは?」の続きを読む…