LED照明!リビング用なら替え時はいつ?

リビング照明(シーリングライト)をLEDにしたいと、
お考えの方は参考になるはず!
私の家のリビング照明をLEDにするときに
某大型家電店で徹底的に聞き、調べてみました。
LEDシーリングライト

LED照明と以前の蛍光灯タイプの照明との違いは?

LED照明と蛍光灯照明は、電気代や耐久性など
様々な点で違いがありますので見ていきましょう。

耐久性の違いは?

LEDの寿命は、およそ40,000時間
1日11時間つけたとしたら、10年間となります。
続いて蛍光灯の寿命は、6,000~15,000時間です。
平均して10000時間のものが一般的かと思いますので、
こちらで計算すると、寿命は、2.5年間程度となります。

  • LEDタイプの寿命 10年間
  • 蛍光灯タイプの寿命 2.5年間
値段の違いは?

値段は、リビングの畳数にもよりますが、
およそ10~16畳だったとして、

  • 蛍光灯タイプ 5000~10000円程度
  • LEDタイプ10畳 10000~15000円程度
  • LEDタイプ12畳 10000~30000円程度
  • LEDタイプ14畳 15000~50000円程度

このあたりの値段となります。
これはあくまでも目安で、実際に家電販売店に行くと、
ルーメンという単位で大きく表示されています。
およそ12畳のリビングなら5000ルーメン
14畳のリビングなら5500ルーメン程度の
照明が適切です。
私の家では、14畳リビングに
5600ルーメンのものを購入しましたが、光を100%にすると
蛍光灯タイプの照明よりも明るくなりました。

電気代・消費電力の違いは?

LED照明は、電気代が安くなるというイメージがありますが、
それは白熱球と比べてのお話し。
蛍光灯と比べると、同じ明るさにした場合、
さほど差はありません。
ひと月の電気代は、せいぜい変わって数十円くらい
LEDシーリングライトの方が、安くなるでしょう。

10年間では?
蛍光灯タイプとLEDタイプを
同じ明るさで付けたと仮定し、
ひと月に30円安くなったと仮定した場合、
1年間で360円。
10年間では3600円安くなります。
電気代だけで見ると、なんだか微妙な数字です。

ただし、LED照明は明るさを調節でき、それに比例して
電気代も安くなるという特徴があります。
全光(100%)ではなく50%の明るさにした場合、
電気代も半分になりますし、20%程度の明るさにもできます。
最近のものは、ECOモードにもできますので、
そういった意味では電気代の節約はしやすいかと思います。 「LED照明!リビング用なら替え時はいつ?」の続きを読む…

生活