インフルエンザの薬!イナビルの使用上の注意点は?

インフルエンザの薬は、現在5種類あります。
その中でイナビルという吸入タイプの薬が
2010年に厚労省より承認され、
日本でも使用できるようになりました。
イナビルについて徹底的に調べてみましたので、
ご紹介いたします。
イナビル

イナビルの特徴

インフルエンザの薬は、内服タイプと吸入タイプ、
点滴タイプの3種類がありますが、
イナビルは、リレンザと同様の吸入タイプになります。
ただ違うのは、リレンザは1日に2回吸入を5日間続けなければ
ならなかったのに対し、
イナビルは、1日の吸入で治療が終わるという特徴があります。
成人および10歳以上の小児は1吸入につき、20mgを使用します。
これを2回するだけでOKです。
10歳未満の子供の場合は、20mgを1吸入するだけでよく、
飲み忘れを予防することができるとして重宝されています。

薬価は、1本2080円です。
成人や10歳以上の小児については、
2本使用しますので、4160円となります。 「インフルエンザの薬!イナビルの使用上の注意点は?」の続きを読む…

A型インフルエンザの症状!病院に行った方が良い?

インフルエンザには、大きく分けてA型B型C型と
3つの種類があり、流行の大半がA型の
インフルエンザになります。
では、A型インフルエンザの症状が
どのようなものかというと、

  • 38℃以上の熱が、時間に関係なく急激に出る
  • 寒気や震えがある
  • 関節痛、筋肉痛
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 咳が出る
  • のどの痛み
  • 鼻水、鼻づまり
  • くしゃみ

[/check_list”]
これらが主な症状になります。
インフルエンザ症状
発熱や咳は患った方の80%以上に見られ、
のどの痛みや鼻水鼻づまりも60%以上に見られます。
頭痛については50%以上の方に見られるようです。

その他の症状としては、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気、嘔吐

こちらの症状はB型のインフルエンザに強くみられる
症状ですが、A型のインフルエンザでも10%ほどの
人に見られます。 「A型インフルエンザの症状!病院に行った方が良い?」の続きを読む…

インフルエンザの予防接種はいつまで受けられる?

インフルエンザの予防接種は、通常10月中旬や
11月初旬あたりから12月中旬くらいまでに受ける方が多いですが、
何らかの事情でこの期間に受けられなかったり
インフルエンザが流行りだして予防接種を考えだされる方は
いるかと思います。
そこで、予防接種はいつまで受けられるのか?
について徹底的に調べてみました。
インフルエンザ
いつまで受けられるのか?は結論から書くと、
12月下旬であっても、1月初旬や中旬あるいは下旬であっても
受けることが可能です。
ですが、病院のワクチン在庫状況によって
異なります。
また、子供の2回接種の場合は
在庫があったとしても1回のみの摂取になる可能性があります。
ですので、予防接種が受けられるかどうかは
病院に問い合わせてみないとわかりません。 「インフルエンザの予防接種はいつまで受けられる?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種!赤ちゃんはいつから行う?

インフルエンザの予防接種は、赤ちゃんに行う場合
いつからできるのか?回数や料金は?
効果は?というところが気になるかと思います。
2012年よりワクチンの摂取量なども変わっていますので、
それも含めて説明していきます。
赤ちゃん

効果は?

インフルエンザ予防接種の効果は、
発症する確率が下がるということもありますが、
発症した場合に、重症化を防ぐというところにあります。
赤ちゃんや子どもの場合ですと
インフルエンザ脳症肺炎などの合併症を防いだり
40℃以上の高熱を防ぐといった効果が期待されています。
ですので、予防接種は、重度化を防ぐ意味でも
受けていたほうが良いかと思います。 「インフルエンザ予防接種!赤ちゃんはいつから行う?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種のウイルスは人にうつる?

インフルエンザの予防接種を受けた人から
予防接種のインフルエンザウイルスがうつるかどうか?
についてですが、うつることはありません。
というのも、予防接種に使うインフルエンザウイルスは、
不活性化されているものを使用しています。
つまりは、無毒化したものですので、
予防接種のウイルスはうつらないのです。
インフルエンザ

予防接種後に咳や鼻水出る人いるけど・・・

インフルエンザ予防接種後に、咳や鼻水、
あるいは発熱といった風邪様の症状が出る人がいます。
これは、予防接種の副反応として、
受けた人全体の5~10%の割合で出る場合があります。
この症状が出たとしても、インフルエンザではありませんので
安心してください。2~3日程度で治まります。
この風邪が他の人にうつるかというと、
基本的にはうつりません。
隣に著しく免疫力が低下している人がいた場合は、
わかりませんが。 「インフルエンザ予防接種のウイルスは人にうつる?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種は生理の時でも大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受ける際に女性であれば
生理中でも予防接種が受けられるかどうか、
誰しもが一度は気にしたことがあるのではないでしょうか?
実際のところは受けられるのでしょうか?
生理
基本的には問題がないようです。
産婦人科では、むしろ月経中にワクチンを
うつと言っているところもあるほどです。
といっても、これは他の予防接種、
例えば風疹などは、妊娠中に打っては
いけないことになっているため、
妊娠していないことが明らかな生理中に打つという
ことから来ているものだと思われます。 「インフルエンザ予防接種は生理の時でも大丈夫?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種後に入浴(お風呂)は可能!?

以前インフルエンザ予防接種後に、
入浴は控える様にと言われていましたが、
現在は入浴しても大丈夫になっています。
お風呂
では、なぜ以前は入浴はダメだったのでしょうか?

以前予防接種後入浴がダメだった理由

以前は、お風呂といえば、家で入る人よりも
大衆浴場、いわゆる銭湯に行く方の方が
多くおられました。その理由として家にお風呂が
設置されていないことがあげられます。
そのため、大衆浴場に行くことで、衛生面から
予防接種した部位から細菌が入る可能性が
あったと考えられていたため、
予防接種をした当日は入浴を控える様に言われていました。
これが大きな理由になっていたようです。
実際注射した跡から細菌が入るかどうかは
微妙ですが、不衛生な環境でその部位をこすったりするのは、
衛生上良くないでしょう。
現在は各家庭にお風呂は設置されていますので、
当日に入っても問題がないということです。 「インフルエンザ予防接種後に入浴(お風呂)は可能!?」の続きを読む…

インフルエンザの予防接種は卵アレルギーをもっていても大丈夫?

インフルエンザの予防接種ですが、
ワクチンに鶏の卵が使われていることは
結構有名な話です。
なぜ鶏卵を使っているのかというと、
ワクチンを作るためにウイルスを増やすのですが、
鶏卵を使うことによって良く増えるそうです。
また、鶏卵は簡単に大量に手に入るという利点があるため
使用されているそうです。
卵
予防接種は受けることによりインフルエンザの症状を
軽減させることが大幅に期待できますが、
ここで気になるのが、
卵アレルギーをもっている人が予防接種をしても良いのか?
ということです。 「インフルエンザの予防接種は卵アレルギーをもっていても大丈夫?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種の回数!大人は?子供は?

インフルエンザ予防接種の回数は、大人と子供では
基本的には異なります。
定められている回数は、

  • 6か月以上3歳未満は2回(1回0.25ml)
  • 3歳以上13歳未満は2回接種(1回0.5ml)
  • 13歳以上は1回または2回(1回0.5ml)

となっています。
予防接種
ちなみに以前は、
0歳は、2回接種で1回0.1ml
1歳~5歳は2回接種で1回0.2ml
6歳~12歳は2回接種で1回0.3ml
13歳以上は1回接種で1回0.5ml
となっていました。
現在の形式になったのは、国際基準に
近づけたためと言われています。 「インフルエンザ予防接種の回数!大人は?子供は?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種は風邪をひいてるときでも打てる?

インフルエンザの予防接種は、
風邪をひいているときでも受けることができるのか?
と予防接種時期が近くなると
心配される方も多いと思います。
結論から言うと、うつことは可能ですが、
熱が37.5度を超える場合は、基本的に
接種はできません。
風邪
一般的には医者の判断により
うつかどうか決まりますので、
厳密に37.5度を超えなければ打てるというわけではありません。
微熱であったとしても接種を控える医師もいますし、
咳が出ていたらダメという医師もいます。
その症状の原因にもよりますが、
基本的には、明らかに風邪様の症状が出ていない限りは
予防接種を受けることができます。 「インフルエンザ予防接種は風邪をひいてるときでも打てる?」の続きを読む…