手足口病の登園やプールはいつから可能?

手足口病が急増しています。
感染経路は、鼻水であったり、咳などをしたときの飛沫であったり、
排泄物などによる接触感染であったりと様々です。
これは、発病している最中はもちろんなんですが、
治ってからもウイルスを排出しているのです。
ウイルス

手足口病は、比較的軽い症状で済むことが多く、
すぐ治りますので、治ってすぐ登園し、
知らず知らずウイルスをまき散らしているという
事も原因となって、急増しているのではないかと
考えられます。

保育園や幼稚園も、実際に登園に関する
しっかりとした基準は、ないようで
発熱や水疱などの症状が著しく出ているとき
食事が摂れないときなどは休ませましょう。
というような感じなので、そういった症状が
出ていなければ、登園が可能となっている
ところも多いようです。 「手足口病の登園やプールはいつから可能?」の続きを読む…

夏風邪の症状!子どもの高熱の原因に種類がある!?

子供の夏風邪の症状として、咳や鼻水などはなく
いきなり高熱が出るということがよくあります。
その場合、39℃くらいの熱が3~4日続く
ということも珍しくありません。

これは一例で、風邪のウイルスは何千と
ありますので、症状が熱だけだったり、
咳や鼻水、のどの痛み、頭痛、腹痛、下痢
などの症状も合わせてでることもあります。

子供

子供の夏風邪の原因として代表的なものがあります。

プール熱の症状とは

プール熱は、咽頭結膜炎という正式名称がありますが、
一般的にプールで感染することが多いため、
『プール熱』と言われるようです。
症状としては、

  • 40度前後の高熱がでる
  • 目の白いところが充血したり、目やにが出る
  • 喉が腫れて、痛みが出る
  • 全身がだるい
  • 頭痛
  • 食欲がない

というような症状があらわれます。
必ずしもこの症状が全てあらわれるということでは
ありませんが、主な症状として、
上記3つの症状は出るかと思います。
また、高熱については、5日前後続くこともありますが、
スッと熱が下がり治ることもあります。
注意しなければならないのが、プール熱から
そのまま肺炎に移行することです。
そのため、症状があらわれた時点で受診することを
おすすめします。 「夏風邪の症状!子どもの高熱の原因に種類がある!?」の続きを読む…

子供のあせもに効く薬は?病院?市販薬?

夏になると、たくさん汗をかきます。
まだお肌の弱い子供は大人と比べて
あせもになる子が多いです。
あせもは痒いから掻くと、すぐに痛くなり
泣きじゃくる子供も多いかと思います。
対策として、これ以上掻いて悪化させないように
薬を使用して炎症を鎮めることが先決です。
子供のあせもに効く薬とはどんなものなのでしょうか?

病院でもらえる薬

病院でもらえる薬は、軽めのステロイド系の
薬です。特にこちらからこの薬がいいですと、
言わなくても処方されるかと思います。 「子供のあせもに効く薬は?病院?市販薬?」の続きを読む…

病気

毛虫皮膚炎とは?症状や原因対処法

毛虫皮膚炎とは、毛虫の毛や毒蛾に触れることによって
かぶれやかゆみ、発赤、発疹などを起こす症状です。
毛虫は触るだけでなく、目に見えないような毛が空気中に
飛んでいることもあり、それに触れただけでも
皮膚炎になることがあります。

どの毛虫でも皮膚炎になるの?

全ての毛虫が毒を持っているわけではありません。
毒を持っている一部の毛虫のみ、この症状が
あらわれます。

毛に毒が含まれており、これは『毒刺毛(どくしもう)
といい、これを持っている毛虫には注意が必要です。 「毛虫皮膚炎とは?症状や原因対処法」の続きを読む…

落下腸は運動不足が原因!?治し方(治療法)を探ろう

TVで紹介されて、徐々にその症状名の認知度が増してきた『落下腸
下腹が出ていて、便秘気味の方って結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

落下腸とは、お腹の周りの筋肉や骨盤周辺の筋肉が衰えて、
腸が下に下がってくることが原因で、『下腹が出る』『便秘になる』という症状が出てきます。

骨盤のゆがみや猫背などの姿勢も原因となっているようですが、
一番の原因は、運動不足のようです。

落下腸の治し方は?

運動不足が原因となっているのなら、それを解消することによって
落下腸は改善されていきます。筋肉で腸を支えるという点において
バストアップと似通っているところがありますね。 「落下腸は運動不足が原因!?治し方(治療法)を探ろう」の続きを読む…

病気

虫歯があると宇宙飛行士になれない理由とは

宇宙飛行士になるためには、様々な訓練を積み、宇宙へと飛び立つのですが、
虫歯があると、宇宙にはいけないようです。
それには以下の理由があります。

  • 宇宙空間には、医者もいなければ治療する道具もない
  • 宇宙では、0.3気圧まで減圧するから
  • 宇宙では痛みが出ても、交代する人員がいないから

という理由があげられます。
特に、2番目の理由が大きく関係しています。 「虫歯があると宇宙飛行士になれない理由とは」の続きを読む…

病気

サルコペニア肥満が高齢者に急増中!?

最近サルコペニア肥満という言葉をよく耳にしますが、
これはどういった肥満のことをいうのかというと、
老化による筋肉の減少をサルコペニアと呼びます。

筋肉は減少しているのに脂肪は残っている、あるいは蓄積されている状態のことを
サルコペニア肥満と呼びます。

運動不足の多い現代に急増している肥満の一つなのですが、
特に高齢者の間に多くみられます。

高齢者だけがなるというわけではありません。
筋力の低下は20代をピークに減少していきますので、
日頃運動されていない方や栄養が偏っている方は、40代からでも
起こりうる症状なので、注意が必要です。 「サルコペニア肥満が高齢者に急増中!?」の続きを読む…

病気

黄色じん帯骨化症は野球選手になりやすい?

黄色じん帯骨化症という難病ですが、最近TVなどでよく目にするようになりました。
ウィキペディアで調べたのですが、この病気にかかっている有名人は、
なぜか野球選手が多いのです。

  • 若生正廣 - 野球指導者
  • 越智大祐 - 野球選手
  • 酒井勉      - 野球選手
  • 宮本大輔 - 野球選手
  • 大隣憲司 - 野球選手
  • 志賀賢太郎 - プロレスラー

このように野球選手やそれに携わる人が多く、中にはプロレスラーの方も患っています。
これを見ると、スポーツ選手に多く発症していることがわかります。また、野球選手のみを見てみると、なぜか投手に多く発症していることがわかります。

が、難病指定であるため、原因についてはまだよくかわっていないのが現状です。
投手のフォームに何か関係しているのでしょうか? 「黄色じん帯骨化症は野球選手になりやすい?」の続きを読む…

病気