コーヒー飲むと下痢になる!?原因は何??

私はコーヒーを飲むとお腹が緩くなり、場合によっては
下痢にもなります。
コーヒーは、
インスタントコーヒー、ドリップコーヒー、缶コーヒーなど
種類に関係なく、そのような状態になります。
コーヒーの何に反応しているのか?
原因は何なのか?徹底的に調べてみました。
コーヒー

下痢になるのはカフェインが原因?

コーヒーには、カフェインがたくさん含まれています。
インスタントコーヒーでは、100mlあたり45~60mgのカフェインが、
ドリップコーヒーでは、100mlあたり90mgのカフェインが含まれています。
缶コーヒーでは、種類により大幅に異なりますが、
例えば、キリン ファイア 挽きたて微糖では、1本で136.8mgのカフェインが
含まれています。
カフェインの作用として、摂取しすぎるとお腹が緩くなります。
なる人とならない人がいるのは、体質だといわれています。
つまり、カフェインを摂取して下痢になる人は、カフェインが合わない
ということのようです。
ですが、ココアや紅茶、お茶などで下痢にならないのは、なぜでしょうか?
一概には言えませんが、カフェイン量が原因となっている可能性があります。
ココアのカフェイン量は、コーヒーのおよそ1/6だといわれていますし、
紅茶もお茶もコーヒーと比べるとカフェイン量は少ないです。
ですので、他のカフェイン含有飲料を飲んでも、下痢にならない。
という可能性があります。
ただし、玉露はカフェイン量が多く、コーヒーの倍程度含まれています。
玉露を飲むとお腹を壊すかもしれません。
コーヒーで下痢になる人は、栄養ドリンクを飲んでも
お腹を壊す可能性があります。
事実私は、栄養ドリンクを飲んで下痢になったことがあります。
カフェインが原因というのは、可能性としての話なので、
別の原因を探ってみましょう。 「コーヒー飲むと下痢になる!?原因は何??」の続きを読む…

飲料

コーヒーと紅茶!カフェインはどっちが多いの?

コーヒーと紅茶は、果たしてどちらがカフェインが
多く含まれているのでしょうか?
妊娠中の方や授乳中の方、良い睡眠を摂りたい人、
逆に目覚めたい人などカフェインを気にしている人は
多いはず。
私自身、気になったので無駄に調べてみました。
コーヒーと紅茶

原料のときのカフェイン量は?

まずは、原料である
コーヒー豆と紅茶の茶葉の状態で
カフェイン量を見ていきましょう。
コーヒーの豆(実)の状態では重さに対して
カフェイン量がおよそ1~2%含まれています。
一方紅茶茶葉の状態では、重さに対して
カフェイン量が2.5~5.5%(平均3%)含まれています。
この状態なら、圧倒的に紅茶の方がカフェイン量は多いです。 「コーヒーと紅茶!カフェインはどっちが多いの?」の続きを読む…

飲料

コーヒーのカフェイン量!妊婦は何杯まで大丈夫?

妊娠中はカフェインを控える様に言われていますが、
カフェインが胎児に影響を与えるのでしょうか?
それは早産であったり、流産、低出生体重児などの
原因となると言われています。
ただし、カフェインを摂り過ぎなければ問題は
ないといわれています。
妊娠

カフェインの摂取量と影響について

これは、各国で検証結果が異なっています。
アメリカでは、1日に600mg以下の摂取であれば、
早産などの危険性はほとんどないとしていますが、
イギリスでは、カフェインを1日100mg以下の摂取の人と比べ、

  • 100~199mgでは、20%リスクが高くなる
  • 200~299mgでは、40%リスクが高くなる
  • 300mg以上では、50%リスクが高くなる

という報告がされています。
日本では、妊婦のカフェイン摂取量は1日300mgまでは
問題がないとされています。
東京都福祉保健局 平成24度収集情報参照
「コーヒーのカフェイン量!妊婦は何杯まで大丈夫?」の続きを読む…

飲料

調整豆乳と無調整豆乳の違いは?栄養や味は?

豆乳は、調整豆乳と無調整豆乳が販売されています。
飲み比べるとわかると思いますが、調整豆乳の方が
飲みやすい感じがしますよね?
では、この2つはどのように違うのでしょうか?
徹底的に調べてみました。
豆乳

簡単に言うと、

  • 調整豆乳 ⇒ 砂糖や植物性油、食塩を加えたもの
  • 無調整豆乳 ⇒ 大豆をしぼったままのもの

という違いがあります。
このため、調整豆乳は飲みやすく無調整豆乳は
えぐみがあり飲みにくいという方が多いです。 「調整豆乳と無調整豆乳の違いは?栄養や味は?」の続きを読む…

飲料

ココアにカフェインは含まれている?妊娠中は大丈夫?

コーヒーや紅茶、緑茶にはカフェインが入っているのは、
聞いたことはあると思いますが、
実はココアにもカフェインが入っています。
といっても、カフェイン量はコーヒーなどと比べると
少量となります。
ココア

ココアの粉だけですと、ピュアココアの場合
100g中にカフェインが200mgほど含まれています。
これをスプーンにとって、お湯や牛乳で割って飲むため、
実際にはカフェインは微量になります。
ティースプーン1杯(ココア山盛り1杯くらい)で
およそ4gとなります。
この量で、ココアを作った場合、カフェイン量は8mgとなります。
100mlで作ろうが、150mlで作ろうが、全部飲んだ場合は、
その中に4gのココアが含まれているため、
カフェイン量は変わりません。
もちろんティースプーン2杯など、ココアの量を増やせば
カフェイン量も増えます。

バンホーテンの350ml缶のカフェイン量は、
100ml中に10mg未満と記載がありますので、
全て飲んだ場合は、カフェイン量は35mg未満となります。

ちなみにインスタントコーヒー1杯分のカフェイン量は、
およそ65mg含まれています。 「ココアにカフェインは含まれている?妊娠中は大丈夫?」の続きを読む…

飲料

オロナミンCのカフェイン!妊娠中でも大丈夫?

オロナミンCの炭酸の効いた栄養ドリンクっぽい味が
好きという方は多いはず。
原材料を見てみると、実はカフェインが含まれているのがわかります。
カフェインは、コーヒーや緑茶などに含まれている成分として有名ですが、
オロナミンCには、どれくらいのカフェイン量が含まれているのでしょうか?
オロナミンC

オロナミンCのカフェイン量

オロナミンC1本(120ml)には、カフェインが18mg含まれています。
といっても、ピンとこない人もいるかと思いますので、
他のカフェイン含有飲料と比較してみましょう。

  • インスタントコーヒー150ml カフェイン60~80mg
  • 緑茶150ml カフェイン26~30mg
  • 紅茶150ml カフェイン28~44mg
  • 烏龍茶150ml カフェイン30mg
  • 缶コーヒー1杯 カフェイン80~150mg
  • レッドブル1本 カフェイン80mg
  • 栄養ドリンク1本 カフェイン50~200mg
  • ココア150ml カフェイン10mg前後

というような感じになっています。
これらを見るとオロナミンCのカフェイン量が少ないことが
わかります。 「オロナミンCのカフェイン!妊娠中でも大丈夫?」の続きを読む…

飲料

レッドブルの副作用は?妊婦や授乳中でも大丈夫?

翼を授けようのCMでおなじみのレッドブル
現在1本200円(185ml)という栄養ドリンクなみのお値段で
販売されているが、医薬品でもなければ、
医薬部外品でもない清涼飲料水として販売されています。
オロナミンCなどと一緒の扱いです。
レッドブル
自動販売機で売ってるし、
疲れたときなんか購入して飲んだりしますよね。
少々お高いのが玉にきずですがw 「レッドブルの副作用は?妊婦や授乳中でも大丈夫?」の続きを読む…

マックシェイクのカロリー!SとMの違いは?

私はマクドナルドに行くと、セットメニューは注文せず
単品バーガーとマックシェイクを頼みます。
そこでちょっと気になったのが、マックシェイクのカロリー!
期間限定の味も含めて、あれ一つで、
どれくらいカロリーがあるのか?気になったので調べてみました。
マックシェイク

マックシェイクSのカロリーは?

現在120円で販売されているSサイズ(およそ184g)
レギュラーメニューとしてバニラ、ストロベリー、チョコレート
期間限定で、バナナやブルーベリー、抹茶などたくさんの
種類が販売されています。 「マックシェイクのカロリー!SとMの違いは?」の続きを読む…

飲料

オロナミンCと陣痛!促されるのは本当なのか?

オロナミンCを飲むと、陣痛がくるというジンクスが
流れていますが、これは本当なのでしょうか?
陣痛
yahoo知恵袋などを見てみると、
オロナミンCを飲んだら陣痛が来た!
オロナミンCを買った日に陣痛が来た!
という書き込みがされています。
一部言われているのは、

  • スタミナがつくからじゃないか?
  • カフェインで多少興奮して陣痛が来るんじゃないか?

と騒がれていますが、医学的には全く根拠のない話です。
オロナミンCを飲んで陣痛が来るというのは、
偶然が重なっただけという可能性が高いです。 「オロナミンCと陣痛!促されるのは本当なのか?」の続きを読む…

飲料

オロナミンCに副作用はあるの?過剰摂取に要注意!

オロナミンCは、ジュース感覚で飲める
栄養ドリンクとも言われていますが、副作用はあるのでしょうか?
副作用があるのかどうか知るために、まず成分を見ていきます。
オロナミンC

オロナミンCの成分

糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、ハチミツ、食塩、香料、
ビタミンC、クエン酸、カフェイン、ナイアシンアミド、ビタミンB6、
ビタミンB2、溶性ビタミンP、イソロイシン、トレオニン、
フェニルアラニン、グルタミン酸Na

栄養成分は、以下のようになっています。
オロナミンC1本(120mgあたり)

  • エネルギー:79kcal
  • たんぱく質:0g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:19g
  • ナトリウム1〜3mg
  • ビタミンB2:2.4mg
  • ビタミンB6:6mg
  • ナイアシン:12mg
  • ビタミンC:220mg

となっています。
オロナミンCを飲み副作用があらわれるということは
基本的にはありません。
ただし、これを過剰摂取すると話は変わってきます。 「オロナミンCに副作用はあるの?過剰摂取に要注意!」の続きを読む…