インフルエンザの薬!ラピアクタの効果や副作用について

インフルエンザの薬にラピアクタという
点滴タイプの薬があります。
この薬は、持続力がありますので、
タミフルのように5日間服用する必要はなく
基本的に1回の点滴で十分効果があります。
治療を開始してから解熱するまでに、
タミフルと同等かそれ以上の効果が期待できます。
点滴
大人の場合、通常は1回300mgを15分以上かけて
点滴し、重症化の恐れのある場合は、
600mgを15分以上かけて点滴し、症状に応じて、
連日点滴することもあります。
子供の場合は、1日1回10mg/kgを15分以上かけて
点滴し、症状によっては、連日点滴することもあります。
子供の場合も1回の点滴上限は、600mgまでとなっています。 「インフルエンザの薬!ラピアクタの効果や副作用について」の続きを読む…

インフルエンザの薬!リレンザの効果や副作用について

インフルエンザの薬にリレンザという薬があります。
この薬は、吸入タイプで
1日に2回計20mg(1回10mg)を吸入します。
リレンザは、予防薬としても使用することができ、
その場合は、1日に1回計10mgの吸入で良いです。
使用方法はこちらをご覧ください。

専用の吸入器にブリスターと呼ばれる粉上の薬が入ったディスクを
セットして、穴をあけて吸引します。
治療として使用する場合、このブリスターを1回に2個使用。
それを1日に2回行い、5日間服用します。

リレンザの効果とは?

リレンザは、インフルエンザ発症後48時間以内に
服用すると、症状を1.5日短縮されるという報告があるようです。
A型とB型のインフルエンザに効果がありますが、
C型には効果がないそうです。
A型に関しては、新薬のイナビルと効果は大差がありませんが、
B型に関しては、リレンザの方が、早く効果があらわれることが
確認されています。 「インフルエンザの薬!リレンザの効果や副作用について」の続きを読む…

A型インフルエンザの症状!病院に行った方が良い?

インフルエンザには、大きく分けてA型B型C型と
3つの種類があり、流行の大半がA型の
インフルエンザになります。
では、A型インフルエンザの症状が
どのようなものかというと、

  • 38℃以上の熱が、時間に関係なく急激に出る
  • 寒気や震えがある
  • 関節痛、筋肉痛
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 咳が出る
  • のどの痛み
  • 鼻水、鼻づまり
  • くしゃみ

[/check_list”]
これらが主な症状になります。
インフルエンザ症状
発熱や咳は患った方の80%以上に見られ、
のどの痛みや鼻水鼻づまりも60%以上に見られます。
頭痛については50%以上の方に見られるようです。

その他の症状としては、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気、嘔吐

こちらの症状はB型のインフルエンザに強くみられる
症状ですが、A型のインフルエンザでも10%ほどの
人に見られます。 「A型インフルエンザの症状!病院に行った方が良い?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種は風邪をひいてるときでも打てる?

インフルエンザの予防接種は、
風邪をひいているときでも受けることができるのか?
と予防接種時期が近くなると
心配される方も多いと思います。
結論から言うと、うつことは可能ですが、
熱が37.5度を超える場合は、基本的に
接種はできません。
風邪
一般的には医者の判断により
うつかどうか決まりますので、
厳密に37.5度を超えなければ打てるというわけではありません。
微熱であったとしても接種を控える医師もいますし、
咳が出ていたらダメという医師もいます。
その症状の原因にもよりますが、
基本的には、明らかに風邪様の症状が出ていない限りは
予防接種を受けることができます。 「インフルエンザ予防接種は風邪をひいてるときでも打てる?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種後風邪をひくのはなぜ??

インフルエンザ予防接種後に風邪をひいてしまった!
という方がおられますが、なぜ風邪をひいてしまうのでしょうか?
風邪
これは、インフルエンザ予防接種の副作用の可能性があります。
あるいは、偶然風邪をひいてしまったということもあります。
副作用の中に、発熱や咳、鼻水、鼻づまり、
くしゃみ、筋肉痛、関節痛、倦怠感など
風邪様の症状が含まれています。
その他に吐き気や頭痛、
ワクチン投与部の腫脹や赤み、痒みなどの
副作用も出ることがあります。 「インフルエンザ予防接種後風邪をひくのはなぜ??」の続きを読む…

医療費控除!インフルエンザの予防接種は対象になるのか?

インフルエンザの予防接種は毎年多くの方が受けています。
確定申告前に気になるのが、医療費控除として予防接種が
対象になるかどうか?だと思います。
確定申告
医療費控除はその名の通り、病気や疾病にかかる
医療費および治療費であって、
予防にかかる費用ではありません。
ですので、基本的にはインフルエンザ予防接種は
控除対象外費用となります。 「医療費控除!インフルエンザの予防接種は対象になるのか?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種は授乳中でも大丈夫?乳児の接種はどう?

授乳中にインフルエンザの予防接種を行うと、
母乳を通して乳児に副反応が出たりするのではないか?
そのまま乳児がインフルエンザにかかるのではないか?
という心配があるかと思います。
実際のところはどうなんでしょうか?
予防接種
インフルエンザワクチンは、不活性化ウイルスと言われる
感染力を無くしたものを使用しています。
ですので、予防接種からインフルエンザになることは
ありません。
そして、インフルエンザウイルスは、血液中に存在することは
非常に少なく、存在した場合でもごくごく微量のため、
血液から作られる母乳からは、万が一母体がインフルエンザに
かかったとしてもうつることはありません。
つまりは、安全であるということです。 「インフルエンザ予防接種は授乳中でも大丈夫?乳児の接種はどう?」の続きを読む…

インフルエンザの予防接種は妊婦でも大丈夫なの?

インフルエンザが流行する季節。
妊婦の方は予防接種しても良いものなのか、
お腹の赤ちゃんに何か影響はないのか、
気になる方多いんじゃないでしょうか?
結論から言うと、妊娠中にインフルエンザの
予防接種を行なっても問題ありません。
妊婦

なぜ問題ないのか?

まず、予防接種で使用されるワクチンは、
ウイルスを不活性化したものを使用しています。
つまり病気を起こす力を取り除いたウイルスです。
しかも、接種する量は0.5mlと微量ですので、
赤ちゃんに影響が出るということはありません。

気になるのは、防腐剤が入っているワクチンですが、
これも微量なので特に問題はありません。
防腐剤には、エチル水銀に由来するチメロサールという成分が
使用されています。
ですが、量からするとマグロの刺身1切れ分の1/10ほどしか
含まれていません。
ですので、特に気にされる必要はありません。
どうしても気になるというのでしたら、
妊婦用と言われる防腐剤の含まれていない
ワクチンもありますので、そちらを接種することができます。 「インフルエンザの予防接種は妊婦でも大丈夫なの?」の続きを読む…

インフルエンザ!出社はいつから可能なの?

インフルエンザにかかってしまい会社を休まなければ
いけなくなった!!でも、いつから出社したらいいんだろうか?
熱が下がったらすぐに出社できるのだろうか?
それが、解熱剤の効果であっても大丈夫なんだろうか?
いろいろと疑問が出てくると思います。

考える人
では、厚生労働省のホームページを参考に説明致します。
厚生労働省では、『発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで
出席停止期間としています。
厚労省Q15を参照
ただし、これは学校の規定であって会社の規定ではありません。
ですので、出社される場合は目安として考えた方が良いでしょう。 「インフルエンザ!出社はいつから可能なの?」の続きを読む…

インフルエンザ予防接種の間隔はどれくらいあける?

インフルエンザの予防接種は、1歳から12歳までは
原則2回行います。
なぜ2回ワクチンをうつのかというと、
免疫力をさらに高めるためです。
これをブースト効果というのですが、免疫力が
1回の時よりも10倍近く高くなるそうです。
では、2回目はどれくらいの間隔をあけて打てば良いのでしょうか?
インフルエンザ予防接種

1回目から2回目までの接種する間隔

1回目の接種を終えてから基本的には2週間から4週間未満
2回目を接種するようになっています。
ですが、ブースト効果を高めるには、
3週間から4週間未満に接種した方が良いでしょう。
もしこの間に接種ができないのでしたら、
2週目の末あたりに接種しても問題はないでしょう。
2週間と4週間では、ブースト効果にも大きな差があるでしょうが、
2週目の末と3週目のはじめでは、実際に実験したという事例が
ないので、何とも言えませんが、そんなに差はないと考えます。
ですので、この付近で行けるときに接種を行うということが
大切であると思います。 「インフルエンザ予防接種の間隔はどれくらいあける?」の続きを読む…