巨大ナメクジ『マダラコウラナメクジ』が日本上陸!その生態は?

マダラコウラナメクジとは、ヨーロッパに住むナメクジで、
体長は10~20cmという巨大なナメクジです。

繁殖化が進み、現在ではオーストラリアやアメリカにも広がり、
2006年には、日本国内の茨城県で目撃され、その後島根県や長野県でも
目撃情報がでています。

マダラコウラナメクジ

↑【閲覧注意】画像をクリックすると、モザイクが取れます。

侵入経路は、はっきりしたことはわかっていませんが、
輸入物の観葉植物の葉などに卵が付いていて、それが運び込まれた可能性が高いそうです。 「巨大ナメクジ『マダラコウラナメクジ』が日本上陸!その生態は?」の続きを読む…