スキルス胃がん!症状と原因とは?

日本人の病気での死亡率は、『がん』が現在第1位となっており、
『がん』の中でも1番多いのが肺がん、次いで胃がんとなっております。
胃がんの中にも種類があり、たびたびTVなどで出てくる
スキルス胃がん』について紹介いたします。
胃

スキルス胃がんの症状とは?

スキルスとは、ギリシャ語で『skirrhos』と書き、
意味は『硬い腫瘍』のことをさします。
つまり、胃の壁がどんどん硬くなっていくため、
別名『硬癌』とも呼ばれています。
スキルス胃がんは、悪性度が高く発見されるときには
すでに他の部位に転移が見られることが珍しくありません。
他の胃がんは、粘膜に突起して出現するため、『食欲がない』
『胃もたれ』という症状がでるのですが、スキルス胃がんは、
粘膜の下を這うようにして広がっていくため、ある程度進行しないと
食欲不振などの症状が出てきません。そのため発見が遅れるのです。 「スキルス胃がん!症状と原因とは?」の続きを読む…

病気