熱中症!高齢者の水分摂取方法を一挙公開

熱中症は外でかかるものと思われている方もいると思いますが、
室内であっても、発症します。

室内温度が30度以上になると、熱中症になる確率が上がります。
特に高齢者の方は、若い方と比べて体の水分が少なくなっていますので、
熱中症になりやすいと言われています。

熱中症の対策として、水分補給があげられます。

では、どのように水分を補給すればよいのでしょうか?

どんな飲み物を飲んだらいいの?

吸収の良いといわれている飲み物は、少し塩分の入ったような
飲み物です。例えば、ポカリスウェットやアクエリアスのような
スポーツドリンクなどが吸収が良いです。

しかし、高齢者の方は、糖尿病を患ってる方もおられますので、
スポーツドリンクのような糖分がたくさん含まれているような
飲み物は、控えた方が良いでしょう。

病気のことを気にしなくて良い物としてオススメなのは、
麦茶や水などのカフェインの含まれていない飲み物になります。

カフェインが含まれている飲み物は、
コーヒーや紅茶、緑茶やほうじ茶などに含まれています。 「熱中症!高齢者の水分摂取方法を一挙公開」の続きを読む…