黄色じん帯骨化症は野球選手になりやすい?

黄色じん帯骨化症という難病ですが、最近TVなどでよく目にするようになりました。
ウィキペディアで調べたのですが、この病気にかかっている有名人は、
なぜか野球選手が多いのです。

  • 若生正廣 - 野球指導者
  • 越智大祐 - 野球選手
  • 酒井勉      - 野球選手
  • 宮本大輔 - 野球選手
  • 大隣憲司 - 野球選手
  • 志賀賢太郎 - プロレスラー

このように野球選手やそれに携わる人が多く、中にはプロレスラーの方も患っています。
これを見ると、スポーツ選手に多く発症していることがわかります。また、野球選手のみを見てみると、なぜか投手に多く発症していることがわかります。

が、難病指定であるため、原因についてはまだよくかわっていないのが現状です。
投手のフォームに何か関係しているのでしょうか? 「黄色じん帯骨化症は野球選手になりやすい?」の続きを読む…

病気