志摩スペイン村の料金は?総合いくらかかるの?

志摩スペイン村のチケットは、いくつか種類があり、 年齢によっても料金は異なります。 一つずつ紹介いたします。 パスポートの料金 2DAYパスポートの料金 ムーンライトパスポートの料金 ナイター営業のみ ※ナイター営業とは、実施日の16時以降に限ります アフタヌーンパスポートの料金 ナイター営業以外 ※このパスポートはナイター営業日以外の14時以降

続きを読む

ココアにカフェインは含まれている?妊娠中は大丈夫?

コーヒーや紅茶、緑茶にはカフェインが入っているのは、 聞いたことはあると思いますが、 実はココアにもカフェインが入っています。 といっても、カフェイン量はコーヒーなどと比べると 少量となります。 ココアの粉だけですと、ピュアココアの場合 100g中にカフェインが200mgほど含まれています。 これをスプーンにとって、お湯や牛乳で割って飲むため、 実際にはカフェインは微量にな

続きを読む

ワキガと耳垢の関係!その対策法とは?

耳垢が湿っていると、ワキガという話をよく耳にしますが、 本当にワキガと耳垢は関係しているのでしょうか? 結論からいって、耳垢が湿っているからといって、 必ずしもワキガというわけではありませんし、 ワキガだからといって、必ずしも耳垢が 湿っているというわけでもありません。 ただし、耳垢が湿っている人は、 ワキガの人が多いのは事実です。 なぜ耳垢が湿っている人はワキガが多いのか

続きを読む

小麦粉やミックス粉にダニ?アレルギー症状と保存方法は?

小麦粉やミックス粉で、たこ焼きやお好み焼き ホットケーキなどを作り 食べた結果、喘息や蕁麻疹などのアレルギー症状が出た人が、 相次いでいるそうです。 さらにはアナフィラキシーショックを起こした人まで出ており、 注意を呼び掛けています。 なぜアレルギー症状が出たのかというと、 犯人は『ダニ』です。 正しくは、ダニの死骸や糞によりアレルギー症状が出るようです。 ミックス粉を使用し

続きを読む

耳垢が湿っている原因!耳掃除の方法とは?

耳垢がいつも湿っているといっても、 度合は様々です。 ちょっと湿っているな~という人もいれば、 べたべたと粘性のある耳垢の人もいますし、 耳から流れ出てしまうほど低粘土の人もいます。 では、なぜ耳垢が湿ってしまうのか? 原因を見ていきます。 耳垢が湿っている原因とは? 耳垢が湿るのは、耳の中にアポクリン腺が 比較的多い人が湿る傾向にあります。 ※アポクリン腺とは、汗が出る

続きを読む

ウタマロ石鹸の口コミでメリットデメリットを検証!

ウタマロ石鹸は固形石鹸では珍しく 蛍光増白剤が使用されている石鹸です。 他にこの成分を使用している固形石鹸を 見たことがありません。 蛍光増白剤は、白い染料のようなもので 洗ったものを白く見せる効果があるようです。 そこで、ウタマロ石鹸は本当に汚れが落ちるのか? 白くなるのか?使われた方の口コミをもとに、 メリットデメリットを徹底的に調べました! ウタマロ石鹸のメリット ウタマ

続きを読む

カレーに菌増殖?ウェルシュ菌の症状は?

カレーを作ったときに、一晩寝かせると 味が熟成されて美味しくなるといいます。 カレーを作ったことのある方は一度は 一晩寝かせたことがあるのではないでしょうか? ですが、保存方法を間違えると、カレーの中で 菌が増殖してしまうようです。 一晩寝かせるときに常温で保存すると、 様々な菌が増殖します。 多くの菌は加熱することによって 殺菌できるのですが、 ウェルシュ菌という菌は、1

続きを読む

お年玉切手シートの使い道は?価値があるもの?

お年玉年賀状の4等でもらえるお年玉切手シートは、 50本に1本の確率で当たるので、1度は当たったことが あるという方多いと思います。 お年玉切手シートは、その年の干支が描かれた 50円と80円の切手がセットになっており、 年賀状用に使用するには1年ずれることになりますので、 使いづらいこともありますよね? そこで、皆さんがお年玉切手シートを どのように使われているのか?について

続きを読む

松茸に毒?保存方法に注意が必要!!

秋の味覚と言えば、松茸と真っ先に思いつくのは私だけでは ないはず。 松茸は、国産のものや外国産のものがありますが、 どれもお値段が高いですよね。 松茸を食べて、嘔吐や下痢といった中毒症状が 出るという話を聞くことがあります。 『えっ!?松茸って毒があるの?』 と思われる方がいると思いますので、 徹底的に調べてみました!! 松茸に毒はあるの? 毒キノコではないきのこは、 松

続きを読む

狂犬病の症状!人間の場合は?

狂犬病のウイルスをもっているものに噛まれた場合、 犬だけでなく人間も含めて哺乳類に感染します。 日本では、昭和31年の確認を最後に狂犬病は 見られていませんが、先日台湾の野生のイタチアナグマや ジャコウネズミ、犬から感染が発覚されました。 これでアジアでは、日本とシンガポールだけが狂犬病が 発覚されていない状態となっていますが、 アジアで狂犬病の感染が拡大していますので、 今後どう

続きを読む