結露が窓に起こる原因!冬の対策とは?

冬になると、窓に結露が出て困りますよね? なぜ結露が発生するのでしょうか? その原因について徹底的に調べてみました! 結露の仕組み 結露は、窓だけにできるものではなく、 例えばメガネをかけた人が、寒いところから 暖かい場所に入ったときに曇ったりしますよね? これも結露ですし、 夏に麦茶などを入れているコップに水滴が付くのも 結露です。 結露は空気中の水分量と温度差が関係して

続きを読む

インフルエンザの薬!ラピアクタの効果や副作用について

インフルエンザの薬にラピアクタという 点滴タイプの薬があります。 この薬は、持続力がありますので、 タミフルのように5日間服用する必要はなく 基本的に1回の点滴で十分効果があります。 治療を開始してから解熱するまでに、 タミフルと同等かそれ以上の効果が期待できます。 大人の場合、通常は1回300mgを15分以上かけて 点滴し、重症化の恐れのある場合は、 600mgを15分以上

続きを読む

インフルエンザの薬!リレンザの効果や副作用について

インフルエンザの薬にリレンザという薬があります。 この薬は、吸入タイプで 1日に2回計20mg(1回10mg)を吸入します。 リレンザは、予防薬としても使用することができ、 その場合は、1日に1回計10mgの吸入で良いです。 使用方法はこちらをご覧ください。 専用の吸入器にブリスターと呼ばれる粉上の薬が入ったディスクを セットして、穴をあけて吸引します。 治療として使用する場合

続きを読む

インフルエンザの薬!イナビルの使用上の注意点は?

インフルエンザの薬は、現在5種類あります。 その中でイナビルという吸入タイプの薬が 2010年に厚労省より承認され、 日本でも使用できるようになりました。 イナビルについて徹底的に調べてみましたので、 ご紹介いたします。 イナビルの特徴 インフルエンザの薬は、内服タイプと吸入タイプ、 点滴タイプの3種類がありますが、 イナビルは、リレンザと同様の吸入タイプになります。 ただ

続きを読む

A型インフルエンザの症状!病院に行った方が良い?

インフルエンザには、大きく分けてA型B型C型と 3つの種類があり、流行の大半がA型の インフルエンザになります。 では、A型インフルエンザの症状が どのようなものかというと、 こちらの症状はB型のインフルエンザに強くみられる 症状ですが、A型のインフルエンザでも10%ほどの 人に見られます。 インフルエンザの合併症状 インフルエンザは時に重篤な合併症状を引き起こすことがあり

続きを読む

インフルエンザの予防接種はいつまで受けられる?

インフルエンザの予防接種は、通常10月中旬や 11月初旬あたりから12月中旬くらいまでに受ける方が多いですが、 何らかの事情でこの期間に受けられなかったり インフルエンザが流行りだして予防接種を考えだされる方は いるかと思います。 そこで、予防接種はいつまで受けられるのか? について徹底的に調べてみました。 いつまで受けられるのか?は結論から書くと、 12月下旬であっても、1月

続きを読む

インフルエンザ予防接種!赤ちゃんはいつから行う?

インフルエンザの予防接種は、赤ちゃんに行う場合 いつからできるのか?回数や料金は? 効果は?というところが気になるかと思います。 2012年よりワクチンの摂取量なども変わっていますので、 それも含めて説明していきます。 効果は? インフルエンザ予防接種の効果は、 発症する確率が下がるということもありますが、 発症した場合に、重症化を防ぐというところにあります。 赤ちゃんや子ど

続きを読む

喪中の初詣は行ってはいけない?お寺ならどうなの?

喪中の人は、神社への参拝は控えた方が良い と言われていますが、 なぜ控えた方が良いのでしょうか? これは、神社の死に対する考え方によるものだそうです。 神社では死を『ケガレ』と考えているため、 神社のお社の中でお葬式をしないのは、 この考えからきているようです。 なので、ケガレている間は、初詣などの参拝は控えた方が 良いですし、神社によっては、鳥居をくぐることさえ許されないとい

続きを読む

オロナミンCのカフェイン!妊娠中でも大丈夫?

オロナミンCの炭酸の効いた栄養ドリンクっぽい味が 好きという方は多いはず。 原材料を見てみると、実はカフェインが含まれているのがわかります。 カフェインは、コーヒーや緑茶などに含まれている成分として有名ですが、 オロナミンCには、どれくらいのカフェイン量が含まれているのでしょうか? オロナミンCのカフェイン量 オロナミンC1本(120ml)には、カフェインが18mg含まれています。

続きを読む

レッドブルの副作用は?妊婦や授乳中でも大丈夫?

翼を授けようのCMでおなじみのレッドブル。 現在1本200円(185ml)という栄養ドリンクなみのお値段で 販売されているが、医薬品でもなければ、 医薬部外品でもない清涼飲料水として販売されています。 オロナミンCなどと一緒の扱いです。 自動販売機で売ってるし、 疲れたときなんか購入して飲んだりしますよね。 少々お高いのが玉にきずですがw レッドブルの成分 100mlあたりの

続きを読む